2013年05月05日

月刊アフタヌーン2013年6月号感想

 『零崎双識の人間試験』が表紙の月刊アフタヌーン6月号です。ライトノベルに苦手ですが,ライトノベルを原作にした小説ならば読めるのが不思議。まあ,この『零崎双識の人間試験』は読んでいないのですけれども。今号は『ヴィンランド・サガ』が休載。御蔭で読む漫画が一層少なくなってしまっています。新連載もここのところ幾つか始まっていますけれど,個人的に惹かれるものはそれ程なし。此処まで読む作品が少なくなってくると辛いなあ。暫くは様子見るけれど,その内に購入を控えてしまうかもしれません。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想