2013年09月04日

月刊コミックフラッパー2013年9月号感想

〈高杉さん家のおべんとう〉
 久留里の修学旅行の間に美哉さんを知る人たちと会うハル。ここのところ,とみにハルの成長が窺えるのはちょっと嬉しい。特に研究面ではかなり評価が上がっているように思います。一方で久留里と美哉さん関係ではまだまだな部分もありますが,此方も着実に進んでいるような気が。頑張れ!

〈となりの関くん〉
 電車とゆるキャラの二本掲載。電車ネタの回では地下鉄化するのはともかくとして机を改造するのは流石にまずいのではなかろうか。そして,ゆるキャラでは横井さんのアレな造形力が再び。最近,横井さんの扱いが悪い気がします。最初から良くもなかったけれども。

〈34歳無職さん〉
 映画と携帯メールの二本立て。例によって,あるあるネタなのですが,面白く仕上げてくるのが流石というか何と言うか。個人的には映画の回が非常に共感しました。録画しても結局は観ないから録画しなくなっちゃったんですよね。やっぱり映画館で集中してみるのが一番です。

〈クリスティ・ロンドンマッシブ〉
 「ポーカー・スキャンダル」の続き。モリアーティとアップウッドの密会に非常に不穏なものを感じます。事件としては一向に進展せず。グレグスンの助力でレイトンの死亡現場の検証をすることで殺人事件であることが判明したことくらいでしょうか。一方でバーサとグラディスはアンヌマリーのお店へ。主婦となったアンヌマリーの美しさがたまりません。

〈閃光少女〉
 最終回。御都合主義的な部分も否めませんが,綺麗に纏まった終わり方ではないでしょうか。とりあえずは満足かなあ。成長して美人になったヒカリが眩しいです。文化祭のまとめから卒業後への流れの繋ぎ方も好みの展開でした。次の作品も期待するかな。
posted by 森山 樹 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想