2013年09月22日

長蔵ヒロコ『ルドルフ・ターキー(1)』

〈2013年漫画感想7冊目〉
長蔵ヒロコ ルドルフ・ターキー(1)


 1950年代アメリカを舞台とした悪漢アクション漫画です。主人公はゴンドランド市の次期市長候補ルドルフ・ターキー。総資産が数十億ドルを超える大富豪であり,傲岸不遜な自信家でもあります。彼を狙う犯罪者との戦いが物語の中心となっていきそう。富と権力を駆使した荒唐無稽な彼のやり方が非常に爽快であります。ある種の憧れを感じざるを得ません。偶に見せる孤独な表情も魅力的。彼の背景は未だ語られていませんが,祖父の資産を受け継いだことは確かでしょう。彼の家族が物語の要となることは想像に難くありません。彼を守る秘書はエグマリヌとモモコのふたり。華奢な女性ながら高い戦闘力を見せるモモコは実に魅力的。一見,大人しい印象のあるエグマリヌもルドルフの敵に対しては機関銃を乱射する凶悪性を発揮します。このふたりのルドルフへの絶対的な忠誠心が素敵です。また,ルドルフの旧友で刑事のペイル・パイソンとヴェルメリオ・ヴォルフもいい味を出しています。特にルドルフから性格最悪と評されるペイルの悪辣さが実に良い。今後の更なる活躍に期待したいものです。ルドルフが想いを寄せるラパン姐さんも所謂いい女。何と言うか,登場人物に魅力があり過ぎてたまらないものがあります。お世辞にも性格がいいとは言えない人たちばかりなのですけれどね。彼らの根底にあるものに惹かれるのでしょう。物語は明らかになったルドルフ暗殺計画が中心になる筈。性格は悪くとも心強い仲間たちとともに暴れるルドルフの痛快な活躍を期待したいと思います。
タグ:長蔵ヒロコ
posted by 森山 樹 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

月刊ウルトラジャンプ2013年9月号感想

〈アド・アストラ〉
 カンナエの戦いが遂に開始。寡兵のカルタゴ軍に対して,大軍をもって正攻法で挑むローマ軍。ファビウスを信頼しながらも,敢えて戦闘に踏み切ったアエミリウスの決断が重い。そして,そんなアエミリウスに手を差し伸べるミヌキウスが格好良すぎます。そんなローマ軍に襲いかかる三日月弧を描くカルタゴの軍勢。ハンニバルの策略に克目したいと思います。

〈PEACE MAKER〉
 G・O・D開幕。銃神コール・エマーソンへの挑戦権をかけた死闘が始まります。出場者は全部20名。ホープやニコラ,エイドリアンに加えてアトラやスティーブ・バケット,ハイマン・エルプトンが参加しているのが興味深い。他にも胡乱な人物が多数見受けられます。戦闘前夜のコニーとニコラ,アトラとエイドリアン,ホープとカイルの語らいもいいね。そして,その圧倒的な実力を見せつけるアトラの初戦が実に衝撃的。彼女の謎の力が非常に気になります。

〈ぎんぎつね〉
 引き続き例大祭準備中。結構引っ張るね。交錯する想いを丁寧に書きたいということなのかもしれませんが。エプロン姿の十子さんが実に可愛かったです。まことの両親の出逢いのお話も今後取り上げられることになるのかしらね。

〈長歌行〉
 行方不明となった長歌を探す阿史那隼や秦古たち。ふたりに挟まれて苦労する穆金が楽しいです。いい味を出すようになったよね。一方で阿離という名で道観に身を寄せる長歌は流民の子供たちと触れ合います。この邂逅が如何なる変化を齎すものか。そして,李淳風が再登場。胡乱な雰囲気漂う人物なだけに楽しみであります。

〈℃りけい〉
 物理部らしく実験に勤しむ面々。というか,危険すぎて面白い。これは彼女らの実態を未だに把握できていなかった谷崎先生が悪いような気がするなあ。ドライアイスとエタノールのエーテル反応は楽しいよね。
posted by 森山 樹 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想