2013年10月12日

購入録(2013.10.12)

笠井スイ ジゼル・アラン(4) エンターブレイン ¥651
長蔵ヒロコ ルドルフ・ターキー(2) エンターブレイン ¥651
久慈光久 狼の口 ヴォルフスムント(5) エンターブレイン ¥651

ハルタ誌に掲載されている作品の単行本を三冊購入。
いずれも大好きな作品ばかりなので嬉しいです。
『ジゼル・アラン』は読んでいないお話もあるので特に楽しみ。
これで漸く現在進行中の物語との繋がりを確認できます。
『ルドルフ・ターキー』と『狼の口 ヴォルフスムント』も期待大。
特に『狼の口 ヴォルフスムント』は連載も最終盤。
如何なる決着を見るのか,固唾を飲んで見守りたいものです。

〈2013年漫画購入覚書〉 計209冊 ¥125,866
posted by 森山 樹 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

月刊@バンチ2013年11月号

〈海のクレイドル〉
 善意からとは言えエヴァンを誘拐したモニカは父親とダルトンから追われますが,ウェルバー医師の協力もあって何とか逃走を開始。向かうはあの大きな帆船ということになるのでしょう。帆船で出逢った義手義足の青年が手助けをしてくれることになるのかな。此処までのところの掴みはいいですね。更に面白くなって欲しいと思います。

〈軍靴のバルツァー〉
 バーゼルラントに無事に帰還を果たしたバルツァー率いる士官学校生たち。彼らの活躍もあってバーゼルラント議会はエルツライヒではなくヴァイセンとの同盟を強化することになりました。そんな中,バルツァーは士官学校生たちと国際会議の場へ赴くことに。ただ一人随行を外されたヘルムートは代理公妃としてアウグストとともに行動することになります。この新たな展開が楽しいです。

〈ウロボロス〉
 公安警察の赤鼻の男の非道ぶりが凄まじい。彼の追撃を受ける那智と美月が徐々に窮地に追い込まれていきます。一方でイクオは日比野監察官にまほろば事件との関わりを問い質します。このふたつの緊張感ある対峙がたまりません。イクオと父との間で揺れる美月が悲しい。結局は外道になり切れない那智の姿も印象的です。生き残って欲しいなあ。

〈生き神のファティマ〉
 タザの呪術医ハンバルに捕らわれたファティマを救出すべく行動を開始したウターリドたち。相変わらず,スヤが魅力的に過ぎます。すみっこの活躍も楽しいね。更にはファティマを取り戻すべくエイリークも参戦し,事態はさらなる混沌へ。しかし,セイフを倒すぐらいにハンバルって強いのか。ファティマをかばって銃撃されたウターリドが心配であります。
タグ:@バンチ
posted by 森山 樹 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想