2014年02月23日

浅田京麻『文明開化とアンティーク(1)』

〈2014年漫画感想4冊目〉
浅田京麻『文明開化とアンティーク(1)』

 明治時代を舞台とした美術ミステリィ。どちらかというと人情ものの色合いが濃いような気もしますが,何はともあれ一話完結型の物語が綴られます。設定自体が既に好みということもあって,基本的には好感触。登場する男性陣が有能かつ性格も良く,美男子揃いというのはやや苦笑せざるを得ませんが,然程に目くじらを立てることもありますまい。貧乏士族の娘の結子と古美術店霧島堂の鑑定士ミハルが主人公となります。今巻には4話が収録。雪舟の掛け軸や酒井抱一の画,或いは仏像や根付といった美術品が物語の中心に位置するのが楽しいです。また,時代背景をきちんと織り込んでいるのも好印象。自分の借金を立て替えてくれた恩人でありながら,その性格ゆえにミハルに隔意を置いていた結子が徐々に彼に惹かれていくには王道と言えば王道かな。如何にも少女漫画の文法に則っているという感触はあります。ミハルの友人の蜜吾や馨らも定型ながら脇を固める存在としては悪くありません。とりあえず,この種の作品が好みであれば問題なく楽しめることかと思います。もう少し,独自性が欲しいところではありますけれども。ミハルの持つ思念を読み取る力を上手く使って欲しいもの。便利すぎるだけに多用して陳腐化することを危惧してしまいます。作者は学生時代に美術関係を学んでいたとのことで,そのあたりの細かい知識が反映されることに期待。尤も,自分が日本美術にそれ程明るくないのが難点ではあります。何はともあれ,今後の展開が大いに楽しみであります。割と強気な結子が結構好みなのは嬉しいですね。
タグ:浅田京麻
posted by 森山 樹 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

月刊コミックフラッパー2014年3月号


〈クリスティ・ロンドンマッシブ〉
 「Case4.The Adventure of Two Princesses」開幕。自動車を運転するクリスティの姿が素敵。渡してはいけない乗り物を渡してしまった気はしますけれども。ロンドンのホープ邸でマチュアとカチュアが見つけた謎のロシア人双子が今回の事件の主役となりそう。デクスター刑事の銃撃も彼女たちに関わっているのかな。不穏な始まりに思えます。ローラは新キャラだっけ?

〈高杉さん家のおべんとう〉
 久留里の実父に関する手掛かりを遂に得たハル。その手掛かりをもたらしたのが香山さんと小坂さんというのが面白い。暫くはこのお話が続くのかな。久留里の母・美哉に対するハルの淡い想いが解消されたときにハルと久留里の関係が変化するのでしょうね。なお,扉絵のチアガール姿の久留里が実に可愛かったです。

〈34歳無職さん〉
 遂に娘ちゃんが無職さんのお部屋に。2話収録ですが,前のお話の方は娘ちゃんが主人公でしたね。実に可愛らしい。何気ない仕草を描かせたら素晴らしく上手いです。後半は娘ちゃんへの接し方に戸惑う無職さんが主人公。此方もいいよね。同じ布団で寝る無職さんと娘ちゃんが幸せそうでありました。

〈ホークウッド〉
 ジェノヴァ傭兵隊の追撃を受けるフランス軍。遂に戦端が開かれてしまいます。騎士の戦いに固執するフランス軍と戦いに勝つことを優先するジェノヴァ傭兵隊。クロスボウを効果的に使った作戦によりフランス軍は甚大な損害を受けてしまいます。エドワード黒太子の側近ホランドもクロスボウの斉射をまともに食らって落馬。というか,これは普通に戦死かな。騎士の時代の終焉を高らかに告げるオドネ・ドーリアに対してホークウッドが如何なる対抗策を導くのか楽しみです。
posted by 森山 樹 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想