2014年06月30日

購入録(2014.06.30)

清瀬赤目 アンネッタの散歩道(1) 芳文社 ¥885
中原裕 ラストイニング(44) 小学館 ¥596
宮尾岳 アオバ自転車店へようこそ!(8) 少年画報社 ¥617

『アンネッタの散歩道』は表紙買い。
ケルト神話を題材というのが嬉しいです。
まだ全く読んでいないけれどね。
『ラストイニング』は遂に最終巻。
彩珠学院野球部の戦いは終幕となりました。
此処まで存分に楽しませてくれたことに感謝。
野球漫画としては一番好きな作品かもしれません。
『アオバ自転車店へようこそ!』は相変わらず。
この安定感が素敵であります。

〈2014年漫画購入覚書〉 計120冊

posted by 森山 樹 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月29日

大久保圭『アルテ(1)』

〈2014年漫画感想14冊目〉
大久保圭『アルテ(1)』


 16世紀フィレンツェを舞台とした作品です。主人公は貴族の娘ながら,画家工房への弟子入りを志す15歳の少女アルテ。女性の地位が高くなかった時代に,自分の夢の為にあえて困難な道を行くことを選んだ少女の姿が描かれます。意外に芯の強さを見せるアルテの姿が魅力的。世間知らずな部分は少なからずありますが,それでもなお自分の信じる道を行こうとする強さが素敵です。そのアルテを弟子として迎え入れた工房の主レオも非常に心惹かれる人物。そのレオの顧客である高級娼婦のヴェロニカを含めて,アルテを囲む人物が印象的であります。アルテと対立し,結果的にはほぼ絶縁状態となってしまったアルテの母の想いも痛いほど分かるのですよね。いつか,ふたりが和解することを望んでやみません。物語はアルテの画家修業が中心となりますが,後半からはレオへの淡い恋が主題となりつつあるのがちょっと気がかり。物語の展開も早いので,やや拙速さを感じてしまいます。個人的にはレオへの恋を意識するのはもうちょっと後でも良かったのではないかなあという印象。それよりも16世紀の画家見習いの生活を描いて欲しいものであります。今巻の末にヴェロニカに連れられたアルテは華やかなフィレンツェの暗部に直面することになります。この経験が如何に彼女に影響を及ぼすのが気になるところ。人生の先輩としてアルテを導くことになるのであろうヴェロニカの真意も楽しみ。今後,如何なる運命がアルテの先に待ち構えているのか期待したいと思います。世界史趣味者としては歴史上の人物や出来事も物語に絡めて欲しいものでありますね。
タグ:大久保圭
posted by 森山 樹 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2014年06月24日

購入録(2014.06.24)

藤栄道彦 コンシェルジュプラチナム(9) 徳間書店 ¥607
ひぐちアサ おおきく振りかぶって(23) 講談社 ¥596

『コンシェルジュプラチナム』は相変わらず面白いなあ。
変に政治色を見せないとなおいいのだけれども。
十津川主任が可愛すぎて困ります。
『おおきく振りかぶって』も安定しています。
しかし,何処まで描くつもりなのかな。
際限なく続くというのもそれはそれで困りものに思えます。

〈2014年漫画購入覚書〉 計117冊

posted by 森山 樹 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

購入録(2014.06.23)

車田正美 聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(9) 秋田書店 ¥771
手代木史織 聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(10) 秋田書店 ¥453
久織ちまき 聖闘士星矢セインティア翔(2) 秋田書店 ¥607

〈聖闘士星矢〉シリーズを3冊購入。
3D映画版も公開され,俄然人気が再燃している感があります。
個人的には大好きな作品なので嬉しいところ。
『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話』はほぼフェルメールとの戦い。
蟹座の黄金聖闘士デストールがいい味を出しています。
ただ,やっぱり展開が遅すぎよね。
早く蛇遣い座の黄金聖闘士の本格参戦が待たれます。
『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝』はシジフォス篇。
まあ,半分くらいはレグルス誕生の秘話みたいな感じだったけれど。
他の外伝とは異なり己との戦いだったのがシジフォスらしいです。
『聖闘士星矢セインティア翔』は本格的に物語が動き出しました。
往年の少女漫画を思わせる展開は割と楽しい。
一角獣座の邪武の意外な活躍も楽しめます。
原作との密接な関連性も個人的には興味深い。
更なる盛り上がりを期待しています。

〈2014年漫画購入覚書〉 計115冊

posted by 森山 樹 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月13日

購入録(2014.06.13)

紫堂恭子 聖なる花嫁の反乱(10) フレックス ¥691
石塚千尋 ふらいんぐうぃっち(2) 講談社 ¥463

『聖なる花嫁の反乱』は最終巻。
途中で出版社が変わるなど紆余曲折ありましたが無事に完結しました。
読み始めた頃には予想も出来なかった着地点ですけれどね。
それなりに幸せな結末に至ったことは素直に嬉しい。
ヴァンガ果たした役割はかなり意外性がありました。
次回作にも大いに期待をしたいものであります。

〈2014年漫画購入覚書〉 計112冊

posted by 森山 樹 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月11日

購入録(2014.06.11)

あだち充 MIX(5) 小学館 ¥494

『MIX』の最新巻。
安定はしているけれど,突き抜けた面白さは感じないなあ。
『タッチ』ともっと密接に関連しているといいのに。
相変わらずの雰囲気は楽しいのですけれどね。
どういう方向に物語を転がしたいのか見えないなあ。

〈2014年漫画購入覚書〉 計110冊

posted by 森山 樹 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月10日

購入録(2014.06.10)

元町夏央 南紀の台所(1) 集英社 ¥648
板倉梓 ガールメイキル(2) 双葉社 ¥670

『南紀の台所』は思わず衝動買い。
購入した後に気付いたんだけどサイン本だったみたいです。
あんまり興味はないんだけどね。
内容が面白ければ嬉しいなあ。
『ガールメイキル』は相変わらずの暗い雰囲気が素敵。
板倉梓の絵柄が妙に似合っているのが面白いです。

〈2014年漫画購入覚書〉 計110冊

posted by 森山 樹 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月09日

購入録(2014.06.09)

むんこ らいか・デイズ(17) 芳文社 ¥669
木々津克久 名探偵マーニー(9) 秋田書店 ¥453
久正人 エリア51(8) 新潮社 ¥596
光永康則 南Q阿伝(5) 講談社 ¥648

週末に本屋に行けなかったのでまとめ買い。
『らいか・デイズ』は流石にマンネリズムが漂ってきたなあ。
偶にすごく面白い話があるから切れないのだけど。
『エリア51』は蛇の動乱が終わっての新展開かな。
そろそろ物語はまとめに入る時期なのでしょうか。
『南Q阿伝』と『名探偵マーニー』も相変わらず面白い。
どれも早めに読んでしまおうと思います。

〈2014年漫画購入覚書〉 計108冊

posted by 森山 樹 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月08日

2014年7月漫画購入予定

07.04 ゆでたまご キン肉マン(47) 集英社
07.04 天乃忍 ラストゲーム(6) 白泉社
07.04 草川為 八潮と三雲(7) 白泉社
07.09 ヤマザキマリ プリニウス(1) 新潮社
07.11 中道裕大 放課後さいころ倶楽部(3) 小学館
07.11 村山慶 セントールの悩み(8) 徳間書店
07.15 渡邊紗代 少年の名は(1) 角川書店
07.18 わだぺん。 ℃りけい(7) 集英社
07.18 椎名高志 絶対可憐チルドレン(39) 小学館
07.18 麻生まこと そこをなんとか(9) 白泉社
07.28 桑田乃梨子 だめっこどうぶつ(6) 竹書房
07.30 こざき亜衣 あさひなぐ(12) 小学館

割と少なめ。
有難いと言えば有難いのだけれど,ちょっと寂しいかな。
『そこをなんとか』や『セントールの悩み』に期待・
後は『放課後さいころ倶楽部』あたりもかな。
『キン肉マン』や『あさひなぐ』は連載を追いかけているしなあ。
『絶対可憐チルドレン』は中学生篇の最後までかな。
早く高校生篇を開始して欲しいものであります。
如何なる帰結を見るのか楽しみでなりません。
『プリニウス』は『博物誌』好きとしてはやっぱり注目。
雑誌の感想も再開したいところ。
購入数が少なそうな7月は良い機会かもしれません。
外出は増えるから余力があるかどうかは微妙だけどね。
posted by 森山 樹 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年06月04日

2014年5月漫画読書記録

2014年5月に読んだ漫画は以下の通り。
和月伸宏『エンバーミング(8)』
河下水希『てとくち(3)』
大西巷一『乙女戦争(2)』
桑原太矩『とっかぶ(1〜2)』
篠原ウミハル『図書館の主(8)』
魔夜峰央『パタリロ!(92)』
冬目景『イエスタデイをうたって(10)』
都戸利津『嘘解きレトリック(3)』
平尾アウリ『まんがの作り方(8)』
ナイロン『フォトカノYour Eyes Only Special Photo』
中原裕『ラストイニング(43)』
大久保圭『アルテ(1)』

2014年5月は13冊を読了。
だいたい毎月これくらいの冊数に納まっている気がします。
もうちょっと読みたいところではあるのだけれど余力に欠けます。
漫画の感想も量的に向上させたいもの。
漫画雑誌の感想も再開を試みたいですね。
5月の収穫は『とっかぶ』と『アルテ』かな。
『とっかぶ』は1巻を購入して積んだままにしてありました。
2巻刊行に際して読書を始めたのですが,これがすごく面白い。
登場人物が誰も魅力的なのですよね。
個人的には生徒会副会長の丘町さんが一番の好みであります。
今後もこの雰囲気を是非とも保って欲しいもの。
『アルテ』は表紙買いで大当たり。
こういうのは嬉しいです。
16世紀フィレンツェを舞台とした美術工房もの。
職人の世界に足を踏み入れた貴族の娘アルテの物語が描かれます。
やや展開が早い気がしますが,この雰囲気がたまらなく素敵。
ただ,今後は恋愛が主軸となりそうなのがやや不安かな。
他の作品では『イエスタデイをうたって』のもどかしさが相変わらず。
物語も最終局面に差し掛かっている予感はあります。
何とか,みんなが幸せになる結末を迎えて欲しいところだけどなあ。
『まんがの作り方』は最終巻。
あまり終わったという感じはしないのが残念。
『嘘解きレトリック』は一巻まるまる長篇作品。
如何にもな和風ミステリィの雰囲気がたまりません。
個人的には短篇の方がいいような気もしますけれどね。
posted by 森山 樹 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2014年06月03日

購入録(2014.06.03)

小箱とたん スケッチブック(10) マッグガーデン ¥617
松本規之 南鎌倉高校女子自転車部(5) マッグガーデン ¥617
小田原みづえ 大正ロマンチカ(6) 宙出版 ¥669

『スケッチブック』は遂に10巻到達。
中身はいつもどおりにゆるふわな感じでありますけれど。
このままの雰囲気をずっと保ってほしいなあ。
『南鎌倉高校女子自転車部』と『大正ロマンチカ』は未読。
というか,『大正ロマンチカ』は2巻までしか読んでいません。
早いところ既刊分は追いついてしまいたいところであります。
最近趣味活動に費やす時間が少ないのが悩みもの。
何処かで立て直しを図りたいと思います。

〈2014年漫画購入覚書〉 計104冊

posted by 森山 樹 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録