2014年09月25日

購入録(2014.09.25)

榛野なな恵 Papa told me Cocohana(3)薔薇色の休日 集英社 ¥453

『Papa told me』新シリーズの第3冊目。
新シリーズとはいっても描かれることは変わりません。
この温かで何気ない日常を愛しています。
或る意味ではファンタジィなのでありましょうね。
何処にでもありそうで何処にもないという点において。

〈2014年漫画購入覚書〉 計174冊

posted by 森山 樹 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月24日

購入録(2014.09.24)

青木幸子 茶柱倶楽部(4) 芳文社 ¥669
青木幸子 茶柱倶楽部(5) 芳文社 ¥669
青木幸子 茶柱倶楽部(6) 芳文社 ¥669

『茶柱倶楽部』の既刊分をこれで揃えたことになります。
本当に好みの作品だわ。
紀行文的な要素があるのも嬉しいところ。
旅に出たくなりますね。
月一連載なので次が出るのはちょっと先になるのかな。
期待しながら待ちたいと思います。

〈2014年漫画購入覚書〉 計173冊

posted by 森山 樹 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月20日

購入録(2014.09.20)

青木幸子 茶柱倶楽部(2) 芳文社 ¥669
青木幸子 茶柱倶楽部(3) 芳文社 ¥669

先日に引き続いて『茶柱倶楽部』を購入。
すっかりはまってしまっています。
全く知らなかったお茶の奥深さが素敵でなりません。
主人公の鈴が可愛いのも素晴らしい。
今後とも読み続けていきたいと思います。

〈2014年漫画購入覚書〉 計170冊

posted by 森山 樹 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

購入録(2014.09.19)

皆川亮二 PEACE MAKER(13) 集英社 ¥648
青木幸子 茶柱倶楽部(1) 芳文社 ¥669

『PEACE MAKER』はG.O.Dが佳境に。
卑劣な襲撃に対峙するガンマンたちの戦いが格好いい。
アトラとエイドリアンの母子対決も見応えがありました。
もう最終盤なのでしょうね。
コール・エマーソンとの対決が楽しみであります。
『茶柱倶楽部』は連載誌で偶然見かけた作品。
興味をもったので第1巻を買ってみましたが,これが大当たり。
残りの巻も早速揃えたいと思います。
こういう出逢いがあるから嬉しいです。

〈2014年漫画購入覚書〉 計168冊

posted by 森山 樹 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月18日

購入録(2014.09.17)

荒川三喜夫 ピアノのムシ(4) 芳文社 ¥637
板倉梓 野村24時(3) 竹書房 ¥700

どちらも読了済み。
『ピアノのムシ』は相変わらず面白いです。
新たに登場の環佐奈が今後は物語に関わっていくのかな。
蛭田の過去の一端が明かされたのも興味深い。
引き続き読んでいきたいと思います。
『野村24時』は完結。
落ち着くところに落ち着いた感があります。
闇金の斎藤さんが一番好きだったんだけどなあ。
板倉梓の新作にも期待をしたいものです。

〈2014年漫画購入覚書〉 計166冊

posted by 森山 樹 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月15日

桑原太矩『とっかぶ(3)』

〈2014年漫画感想21冊目〉
桑原太矩『とっかぶ(3)』


 間倶楽高校特別課外活動部,通称とっかぶの活躍を描く学園青春漫画の第3巻。日常を非日常に変える,賑やかで楽しい学園生活は素直に羨ましい。特に生徒会との絡みが増えてから面白さが加速してきた印象があります。単純に副会長の丘町さんが好みというだけではあるのですけれども。今巻に収録されているのは全部で6話。とは言っても,前半の3話は前巻から引き続く通り魔ハンプティダンプティに絡む一連のお話となっています。ハンプティダンプティの正体である美輪園花子と沢のヒーロー対決が面白かった。花子はなかなか素敵な個性の持ち主なので再登場を期待したいものです。残る3篇では生徒会とのバーベキューの話が一番好き。沢の失敗を機転で成功に変えるくらげのお手並みが見事。丘町さんの出番が多いのが嬉しい回でもあります。当初は微妙に敵対していた生徒会ですが,すっかり仲良しになった感がありますね。とは言え,生徒会長の胡乱さは健在なので,時に対立することは避けられないのでしょうけれども。篠田先生の出番が多い「空中レジスター」もお気に入り。丘町さんや篠田先生だけではなく,千歳や沢たち女性陣が実に魅力的なのが嬉しい。変に暗くならずに明るく楽しい学園生活をこのまま続けて欲しいものであります。今後も大いに期待します。

タグ:桑原太矩
posted by 森山 樹 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2014年09月14日

森薫『シャーリー(2)』

〈2014年漫画感想20冊目〉
森薫『シャーリー(2)』


 約10年ぶりに刊行された英国エドワード朝メイド漫画の第2巻です。相変わらずのベネットさんとシャーリーの楽しそうな毎日が嬉しい。大きな起伏のある物語ではなく,日常を描いたお話を此処まで魅力的に提示するのは素晴らしいです。今回は全8篇が収録されていますが,特にお気に入りは「届け物」と「ハイヒール」かなあ。「届け物」はベネットさんの仕事場にシャーリーが財布を届けるお話。普段はずぼらでだらしないベネットさんの手際のいい仕事ぶりがたまらなく素敵です。シャーリーならずとも見惚れてしまうというもの。ベネットさん手作りのサンドウィッチとパイの魅力も格別なものがあります。「ハイヒール」は年頃の女の子らしく背伸びしたお洒落に憧れるシャーリーが実に可愛い。また,「お願い」では最終コマのシャーリーの夢の中で踊るふたりの姿がたまらなく微笑ましいものがありました。全般的に作者の趣味全開という感じではありますが,それがまた楽しいのが素敵です。描きたいことを描きたいように描いているのだなあということがよくわかります。それでいて,普遍的な面白さを有しているというのは稀有なことなのではないでしょうか。このふたりの優しくて穏やかな日々が続くことを祈らずにはいられません。今後もライフ・ワークとして不定期に少しずつ書いていくとのこと。続巻が刊行されるまでに幾らかかるか分かりませんが,気長に楽しみに待ちたいと思います。或いは時代が重なっている『エマ』との共演も見てみたいものであります。

タグ:森薫
posted by 森山 樹 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

購入録(2014.09.12)

武内直子 美少女戦士セーラームーン(7) 講談社 ¥529
武内直子 美少女戦士セーラームーン(8) 講談社 ¥529
武内直子 美少女戦士セーラームーン(9) 講談社 ¥529
森薫 シャーリー(2) エンターブレイン ¥670

引き続き『美少女戦士セーラームーン』を読書中。
外部太陽系三戦士の表紙があまりにも美しくて眼福。
特に海王みちるさんが好みであります。
物語的には息切れ感も感じるけれど,それでもなお面白い。
『シャーリー』は実に久々の第2巻。
ハルタ誌掲載分以外は全て未読の筈。
相変わらず,ベネットさんが素敵すぎます。
今後も書き続けるとのことなので続巻を気長に待ちたいものです。

〈2014年漫画購入覚書〉 計164冊

posted by 森山 樹 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月11日

購入録(2014.09.11)

武内直子 美少女戦士セーラームーン(4) 講談社 ¥529
武内直子 美少女戦士セーラームーン(5) 講談社 ¥529
武内直子 美少女戦士セーラームーン(6) 講談社 ¥529

昨日に引き続き『美少女戦士セーラームーン』を購入。
番外篇を除けば,これでちょうど半分かな。
表紙に描かれたセーラー戦士が美しいです。
改めて読むと物語の展開が早いよね。
アニメ版とはまた違った魅力があるように思います。
個人的には原作版の方が好みかなあ。

〈2014年漫画購入覚書〉 計160冊

posted by 森山 樹 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月10日

購入録(2014.09.10)

武内直子 美少女戦士セーラームーン(1) 講談社 ¥529
武内直子 美少女戦士セーラームーン(2) 講談社 ¥529
武内直子 美少女戦士セーラームーン(3) 講談社 ¥529

なんとなく〈美少女戦士セーラームーン〉熱が高まって購入。
原作版は途中までしか読んでいないんですよね。
とりあえず順次購入していきたいと思います。
物語の展開は流石に古いけれど,デザインは今でも結構素敵だなあと思います。
外部太陽系三戦士が出てきてからが自分にとっては本番なんだけど。

〈2014年漫画購入覚書〉 計157冊

posted by 森山 樹 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月05日

購入録(2014.09.05)

にしうら染 踊る! アントワネットさま(2) 芳文社 ¥669
緑川ゆき 夏目友人帳(18) 白泉社 ¥463
桑原太矩 とっかぶ(3) 講談社 ¥648
雨隠ギド 甘々と稲妻(3) 講談社 ¥637

『踊る!アントワネットさま』は完結巻。
フランス革命によるマリ=アントワネットの処刑前夜まで描いたのを評価したい。
ロベスピエールの描き方も好みでありました。
マリーとルソー公のその後の幸せそうな風景が大変良かったです。
残りの三冊も早めに読むつもり。
今後はなるべく積まないように購入後は早く着手したいと思っています。
先ずは『とっかぶ』からかなあ。

〈2014年漫画購入覚書〉 計154冊

posted by 森山 樹 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年10月漫画購入予定

10.01 小田原みづえ 大正ロマンチカ(7) 宙出版
10.03 ゆでたまご キン肉マン(48) 集英社
10.06 麻宮騎亜 サイレントメビウスQD(1) 講談社
10.08 木々津克久 名探偵マーニー(11) 秋田書店
10.09 灰原薬 応天の門(2) 新潮社
10.09 永野明 海のクレイドル(2) 新潮社
10.14 久慈光久 狼の口ヴォルフスムント(5) エンターブレイン
10.16 浅田京麻 文明開化とアンティーク(2) 秋田書店
10.16 杉山小弥花 明治失業忍法帖(6) 秋田書店
10.17 落合さより ぎんぎつね(11) 集英社
10.20 手代木史織 聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(11) 秋田書店
10.20 久織ちまき 聖闘士星矢セインティア翔(3) 秋田書店
10.23 トミイ大塚 ホークウッド(6) メディアファクトリー
10.23 柳原望 高杉さん家のおべんとう(9) メディアファクトリー
10.23 皆川亮二 ADAMAS(13) 講談社
10.23 幸村誠 ヴィンランド・サガ(15) 講談社
10.23 槇えびし 天地明察(7) 講談社
10.24 志水アキ 姑獲鳥の夏(3) 角川書店
10.30 高尾じんぐ くーねるまるた(5) 小学館
10.30 こざき亜衣 あさひなぐ(13) 小学館

購入作品は吟味することにした筈が想定外に多くなりそうな一か月。
或る意味では嬉しいことではあるのですけれども。
楽しみは『明治失業忍法帖』『ホークウッド』といったあたり。
連載を追いかけていない作品は期待感がありますね。
『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝』は双子座篇かな。
『文明開化とアンティーク』も1巻が面白かったので楽しみ。
『ADAMAS』『名探偵マーニー』はこれが完結巻の筈。
どちらも好きな作品だったので悲しいです。
『サイレントメビウスQD』は『サイレントメビウス』の続篇。
相変わらず,分かったような分からないような設定が興味深い。
あの世界観の雰囲気は大変好みであります。
改めてあの世界に浸れるというの嬉しいですね。

posted by 森山 樹 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年09月04日

購入録(2014.09.04)

河下水希 てとくち(4) 集英社 ¥473

物語がきな臭くなってきた『てとくち』最新巻。
影で陰謀が蠢くのを感じます。
里江の元許嫁の胡散臭い行動の真意も未だに全ては明かされず。
巨悪の登場も相まって物語が大きな転機を迎えています。
一気に物語が加速していきそうな予感。
今後が楽しみであります。

〈2014年漫画購入覚書〉 計150冊

posted by 森山 樹 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年09月03日

2014年8月漫画読書記録

2014年8月に読んだ漫画は以下の通り。
春河35『文豪ストレイドッグ(5)』
神崎裕也『ウロボロス(18)』
木々津克久『名探偵マーニー(10)』
長蔵ヒロコ『ルドルフ・ターキー(3)』
アキリ『ストレッチ(2)』
わだぺん。『℃りけい(7)』
カガノミハチ『アド・アストラ(6)』
市川春子『宝石の国(3)』
ゆでたまご『キン肉マン読切傑作選2011-2014』
大島千春『いぶり暮らし(1)』

2014年8月は10冊を読了。
先月に引き続きやや低調な一か月。
新たに読み始めたのは『いぶり暮らし』。
燻製を媒介とした同棲カップルの日常を描いた作品です。
個人的にはかなり好み。
登場する燻製がどれも美味しそうでたまりません。
意外に簡単そうなので挑戦してみるのも悪くないのかも。
実際に行動に移すと面倒臭くなってしまいそうですけれど。
『ストレッチ』の新刊も面白かった。
相変わらず,螢子さんが可愛いです。
蘭との微妙な距離感も楽しい。
合コンに行くお話が一番面白かったかな。
『キン肉マン読切傑作選』はその名の通りの番外篇集。
超人血盟団やザ・マシンガンズの結成秘話が楽しい。
ラーメンマンとブロッケンJr.を主人公とした書き下ろしも収録されています。
しかし,ベンキマンで読切を一本書きあげる技量は素晴らしいなあ。
『文豪ストレイドッグ』は三つ巴の戦いの火蓋が切って下されました。
登場人物が増加する一方で書き込みが薄くなっているのは気がかり。
特に「組合」の面々はもうちょっと活躍して欲しいところです。
梶井基次郎の異能の正体は意外性があって面白かったけれども。

9月は本と漫画の整理整頓及び処分を進めていきます。
購入数も可能な限り見直すつもり。
時間の余力を見つけて感想も書いていきたいと思います。
心機一転頑張ります。

posted by 森山 樹 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録