2014年10月13日

購入録(2014.10.12)

久慈光久 狼の口 ヴォルフスムント(6) エンターブレイン ¥670

『狼の口ヴォルフスムント』の最新巻。
遂にヴォルフスムントを攻め落とし,ヴォルフラムが処刑されます。
その悪行に相応しい残虐な末路が印象的。
物語はこの後も続く模様。
森林三邦の独立までが描かれるのかな。

〈2014年漫画購入覚書〉 計179冊
posted by 森山 樹 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年10月11日

2014年11月漫画購入予定

11.05 魔夜峰央 パタリロ!(93) 白泉社
11.06 麻宮騎亜 サイレントメビウスQD(1) 講談社
11.07 ヤスダスズヒト 夜桜四重奏(16) 講談社
11.08 久正人 エリア51(8) 新潮社
11.10 板倉梓 ガールメイキル(3) 双葉社
11.12 久正人 ノブナガン(5) アーススター
11.13 曙はる まつりごよみ 竹書房
11.15 篠原ウミハル 図書館の主(9) 芳文社
11.19 落合さより ぎんぎつね(11) 集英社
11.20 大久保圭 アルテ(2) 徳間書店
11.20 藤栄道彦 コンシェルジュ・プラチナム(10) 徳間書店
11.21 桑田乃梨子 祝福の歌姫 幻冬舎
11.22 トミイ大塚 ホークウッド(6) メディアファクトリー
11.25 宮本福助 拝み屋横丁顛末記(25) 一迅社
11.28 浦沢直樹 MASTERキートン Re:マスター 小学館
11.28 羽海野チカ 三月のライオン(10) 白泉社
11.28 川下寛次 当て屋の椿(10) 白泉社
11.29 宮尾岳 アオバ自転車店へようこそ!(9) 少年画報社
11.29 やまむらはじめ 天にひびき(10) 少年画報社
11.29 桐木憲一 東京シャッターガール(3) 日本文芸社

結構多いなあ。
『MASTERキートン Re:マスター』は『MASTERキートン』の続篇。
老いたとはいえ,相変わらずのキートン先生の活躍が素敵です。
予定には巻数表記ないけど,続巻も出る筈だよね。
『東京シャッターガール』も久々の新刊。
此方は連載をきちんと追いかけていないので読んでいない話も多そう。
楽しみにしています。
後は『アルテ』『コンシェルジュ・プラチナム』あたりにも期待。
勿論,久正人の『エリア51』『ノブナガン』も待ち遠しい。
特に『ノブナガン』は前巻が絶望的な終わり方でしたからね。
連載誌が休刊になるというのが一抹の不安ではあります。
人気はある筈なのできちんと続きは描かれると思うのだけれども。
引き続き蔵書の整理も進めていきたいもの。
ある程度は精査しての購入を心がけたいと思います。
感想も書きたいけれど,余暇があまりないのが辛いなあ。
何とか,通常運転に戻したいものであります。
年内はこんな感じのままかもしれませんけれども。
posted by 森山 樹 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年10月10日

購入録(2014.10.10)

木々津克久 名探偵マーニー(11) 秋田書店 ¥453
灰原薬 応天の門(2) 新潮社 ¥626
永野明 海のクレイドル(2) 新潮社 ¥626

『名探偵マーニー』は最終巻。
もうちょっと読みたかったけど,頃合いかなあという気もします。
秋からの次回作の予告も帯に載っていて楽しみ。
次も探偵ものみたいなのでマーニーの客演があるかもしれません。
『応天の門』と『海のクレイドル』は@バンチ誌の連載作品。
どちらも地味だけど結構好みであります。
歴史漫画的な要素が強いのも嬉しい。
更なる面白さを追求して欲しいものであります。

〈2014年漫画購入覚書〉 計178冊
posted by 森山 樹 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年10月06日

2014年9月漫画読書記録

2014年9月に読んだ漫画は以下の通り。
河下水希『てとくち(4)』
にしうら染『踊る! アントワネットさま(2)』
桑原太矩『とっかぶ(3)』
雨隠ギド『甘々と稲妻(3)』
緑川ゆき『夏目友人帳(18)』
武内直子『美少女戦士セーラームーン(1〜9)』
森薫『シャーリー(2)』
元町夏央『南紀の台所(1)』
荒川三喜夫『ピアノのムシ(4)』
板倉梓『野村24時(3)』
皆川亮二『PEACE MAKER(13)』
青木幸子『茶柱倶楽部(1〜6)』

2014年9月は25冊を読了。
意識的に読書量を増やした一か月でありました。
『美少女戦士セーラームーン』と『茶柱倶楽部』を除けばいつもぐらいだけどね。
『美少女戦士セーラームーン』は久しぶりの再読。
相変わらず面白いんだけど,やっぱり画一的な物語が気になります。
セーラー戦士のデザインは今見ても古さを感じさせないのが素敵です。
『茶柱倶楽部』は偶然に連載を読んで気にいった作品。
お茶を題材とした人間の交流が描かれます。
この独特の雰囲気がたまらなく好みでありますね。
新刊では『とっかぶ』や『夏目友人帳』が楽しかった。
勿論,十年ぶりとなる『シャーリー』も心から嬉しかった。
ベネットさんの魅力がたまらなく素敵。
『野村24時』と『踊る! アントワネットさま』はこれにて完結。
フランス革命をきちんと描き切った『踊る! アントワネットさま』は高く評価します。
必ずしも全てが幸せな結末と言えないのは仕方がありません。
フランス革命勃発後の展開は特に印象深いものがありました。
『南紀の台所』は暫く積んでいた作品。
三重県の豊かな食文化が描かれるのが楽しいです。
尾鷲や熊野の方に足を運びたくなってしまいますね。
posted by 森山 樹 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2014年10月05日

購入録(2014.10.05)

ゆでたまご キン肉マン(48) 集英社 ¥432
伊藤悠 シュトヘル(10) 小学館 ¥637

『キン肉マン』は完璧超人始祖たちとの激戦が続きます。
今巻で戦うのはプラネットマンとサンシャインのふたり。
特にプラネットマンと対するサイコマンの強さが際立った巻でありました。
超人閻魔に次ぐ事実上のNo.2という扱いなのでしょうか。
姿を消したストロング・ザ・武道の正体が示唆されたのも面白い。
今後の展開が更に楽しみであります。
『シュトヘル』はまだ未読。
これから読みたいと思っています。

〈2014年漫画購入覚書〉 計175冊

posted by 森山 樹 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録