2014年12月26日

移転のお知らせ

このたび思うところありまして,ブログを移転することにしました。
移転先→新装版漫画読みの憂鬱:http://comicphile.sblo.jp/
それに伴い当ブログの更新を終了いたします。
これまでありがとうございました。
新たなブログでお楽しみいただきたいと思います。
宜しくお願いします。

なお,基本的には単なる移転であります。
よって,内容的には然程異なるものではありません。
より一層の内容の充実に努めていきたいと思います。
posted by 森山 樹 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年12月24日

2014年12月漫画読書記録

2014年12月に読んだ漫画は以下の通り。
桐木憲一『東京シャッターガール(3)』
春河35『文豪ストレイドッグス(6)』
和月伸宏『エンバーミング(9)』
麻生みこと『海月と私(3)』
むんこ『らいか・デイズ(18)』
豊田悠『パパと親父のウチご飯(1)』
光永康則『南Q阿伝(6)』
あだち充『MIX(6)』
久正人『ノブナガン(5)』
村山慶『セントールの悩み(9)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(40)』
速水螺旋人『大砲とスタンプ(4)』
志水アキ『百器徒然袋 雲外鏡』

12月に読んだ漫画は全部で13冊。
ばたばたしていた割にはいつも通りの読書量でありました。
『南Q阿伝』は最終巻。
最後がかなり急展開に思えたのは残念。
もう少し読みたかったところではあります。
『パパと親父のウチご飯』は最近多い料理もの漫画のひとつ。
父子家庭の共同生活という設定が特徴的であります。
登場する女性陣が非常に可愛いのが素晴らしい。
今後の更なる展開が楽しみです。
『東京シャッターガール』は久しぶりの新刊。
北海道での写真甲子園篇が中心となっています。
個人的には前2巻の如く日常を描いた物語の方が好みかな。
『ノブナガン』は絶望的な状況で自棄的に戦う姿が辛い。
此処から如何に物語が展開するのか注目します。
『絶対可憐チルドレン』は待望の高校生篇突入。
新たな登場人物が如何なる役割を果たすのか楽しみ。
不確定の未来の行く末を期待したいと思います。
posted by 森山 樹 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2014年12月06日

2015年1月漫画購入予定

01.05 河下みず希 てとくち(5) 集英社
01.05 天乃忍 ラストゲーム(7) 白泉社
01.07 速水螺旋人 スパイの歩き方 芳文社
01.08 手代木史織 聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(12) 秋田書店
01.09 神崎裕也 ウロボロス(19) 新潮社
01.15 九井諒子 ダンジョン飯(1) エンターブレイン
01.15 長蔵ヒロコ 闇に恋したひつじちゃん(1) エンターブレイン
01.15 長蔵ヒロコ 闇に恋したひつじちゃん(2) エンターブレイン
01.19 夏達 長歌行(5) 集英社
01.19 夏達 長歌行(6) 集英社
01.19 元町夏央 南紀の台所(2) 集英社
01.20 志水アキ 姑獲鳥の夏(4) 角川書店
01.20 都戸利津 嘘解きレトリック(4) 白泉社
01.27 伊吹ウタ 現代魔女図鑑(2) 一迅社
01.30 中村明日美子 君曜日(3) 白泉社

割と適量な感じのある一か月。
何よりの期待は『ダンジョン飯』であります。
〈WIZARDRY〉などを経験した人間にはたまらないネタが満載。
この種のファンタジィ好きならば存分に楽しめることかと思います。
最早ハルタ誌でも一番期待の作品と言っても過言ではないかなあ。
『てとくち』はこれが最終巻。
もう少し読みたかった気もするけど頃合いでありましょう。
連載誌が休刊の『南紀の台所』は無事に移籍が決まって一安心。
『嘘解きレトリック』も楽しみな一冊であります。
都戸利津作品の安定感は素晴らしいものがありますね。
前巻に引き続きの長篇ということになるのかな。
『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝』も残り僅か。
完結した後の展開が楽しみだったりします。
新たな〈聖闘士星矢〉シリーズが始まることを大いに期待。
車田正美によるシリーズが早期に再開されることも待ち望んでいます。
posted by 森山 樹 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年12月01日

2014年11月漫画読書記録

2014年11月に読んだ漫画は以下の通り。
ヤスダスズヒト『夜桜四重奏(16)』
久正人『エリア51(9)』
篠原ウミハル『図書館の主(9)』
大久保圭『アルテ(2)』
藤栄道彦『コンシェルジュ・プラチナム(10)』
桑田乃梨子『祝福の歌姫』
トミイ大塚『ホークウッド(6)』
大西巷一『乙女戦争(3)』
宮本福助『拝み屋横丁顛末記(25)』
浦沢直樹『MASTERキートン Re:マスター』
羽海野チカ『三月のライオン(10)』
川下寛次『当て屋の椿(10)』
星野リリィ『乙女妖怪ざくろ(1〜3)』

11月に読んだ漫画は全部で15冊。
とりあえずはほぼ通常通りの読書量になったのは重畳。
『コンシェルジュ・プラチナム』は最終巻。
いささか盛り上がりに欠ける印象が否めなかったのは残念。
但し,〈コンシェルジュ〉に更なる新作が用意されているのは楽しみ。
『MASTERキートン Re:マスター』は全1冊なのかな。
成長した百合子さんの魅力が格別でありました。
老いたとはいえキートン先生の格好よさも相変わらず素晴らしい。
『ホークウッド』と『乙女戦争』も歴史好きにはたまりません。
特に『ホークウッド』の先の読めなさが非常に楽しい。
『乙女戦争』は少女が常に過酷な運命に立たされるのが辛いです。
ヤン・イスクラはこのまま心強い仲間になって欲しいもの。
『アルテ』も期待通りに楽しい。
此方も中世西洋が舞台というので気は抜けませんけれども。
『三月のライオン』は三姉妹の父が登場して急展開。
個人的には将棋をやはり中心に据えて欲しいところであります。
因みに『乙女妖怪ざくろ』は積んでいた初期巻を発掘したので読み始めました。
大正時代と妖怪の組み合わせが非常に好みであります。
このまま最新巻まで追いついてしまいたいところです。
posted by 森山 樹 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録