2014年12月24日

2014年12月漫画読書記録

2014年12月に読んだ漫画は以下の通り。
桐木憲一『東京シャッターガール(3)』
春河35『文豪ストレイドッグス(6)』
和月伸宏『エンバーミング(9)』
麻生みこと『海月と私(3)』
むんこ『らいか・デイズ(18)』
豊田悠『パパと親父のウチご飯(1)』
光永康則『南Q阿伝(6)』
あだち充『MIX(6)』
久正人『ノブナガン(5)』
村山慶『セントールの悩み(9)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(40)』
速水螺旋人『大砲とスタンプ(4)』
志水アキ『百器徒然袋 雲外鏡』

12月に読んだ漫画は全部で13冊。
ばたばたしていた割にはいつも通りの読書量でありました。
『南Q阿伝』は最終巻。
最後がかなり急展開に思えたのは残念。
もう少し読みたかったところではあります。
『パパと親父のウチご飯』は最近多い料理もの漫画のひとつ。
父子家庭の共同生活という設定が特徴的であります。
登場する女性陣が非常に可愛いのが素晴らしい。
今後の更なる展開が楽しみです。
『東京シャッターガール』は久しぶりの新刊。
北海道での写真甲子園篇が中心となっています。
個人的には前2巻の如く日常を描いた物語の方が好みかな。
『ノブナガン』は絶望的な状況で自棄的に戦う姿が辛い。
此処から如何に物語が展開するのか注目します。
『絶対可憐チルドレン』は待望の高校生篇突入。
新たな登場人物が如何なる役割を果たすのか楽しみ。
不確定の未来の行く末を期待したいと思います。
posted by 森山 樹 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録