2014年07月04日

2014年6月漫画読書記録

2014年6月に読んだ漫画は以下の通り。
小箱とたん『スケッチブック(10)』
宮尾岳『アオバ自転車店へようこそ!(7〜8)』
光永康則『南Q阿伝(5)』
むんこ『らいか・デイズ(17)』
あだち充『MIX(5)』
木々津克久『名探偵マーニー(9)』
久正人『エリア51(8)』
紫堂恭子『聖なる花嫁の反乱(10)』
車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(9)』
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(10)』
久織ちまき『聖闘士星矢セインティア翔(2)』
藤栄道彦『コンシェルジュ・プラチナム(9)』
中原裕『ラストイニング(44)』

2014年6月は14冊を読了。
いつもどおりの分量といったところでありましょうか。
新たに読み始めた作品はなし。
『聖なる花嫁の反乱』と『ラストイニング』が完結巻であります。
『聖なる花嫁の反乱』はそれなりに綺麗にまとまった感じ。
序盤からはまるで想像も出来ない結末となりました。
ヴァンが担った役割の大きさはかなり予想外でよかった。
個人的には己の意思を貫いた緋の貴婦人の末路がお気に入りです。
妄執を省みることなく,その路を行くというのも或る種の美学でありましょう。
『ラストイニング』は遂に甲子園での優勝は成らず。
そこは御都合主義的でも良かったのではないかなあと思うけれど。
最後の打者が八潮というのは如何にも象徴的。
鳩ケ谷と師匠の再会も熱いものがありました。
今まで読んだ野球漫画の中でも一番好きな作品かもしれません。
〈聖闘士星矢〉の3作品が一挙に刊行されたのも嬉しい。
特に『聖闘士星矢セインティア翔』が存外に好みであります。
一角獣座の邪武が登場してきたことには驚きましたけれど。
翔子を導くマユラはやはり孔雀座の聖闘士なのでしょうか。
或いは乙女座シャカの弟子であることも十分に考えられます。
復讐の女神エリスとの戦いが如何なる展開を見せるのか楽しみであります。
『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話』も結構面白い。
但し,十三番目の黄金聖闘士である蛇遣い座を引っ張りすぎな気もします。
早く登場させて物語を進めて欲しいものです。
現代における蛇遣い座の白銀聖闘士シャイナとの関係も気になります。
基本的にどの作品も熱いのがたまりません。
posted by 森山 樹 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101233511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック