2014年12月01日

2014年11月漫画読書記録

2014年11月に読んだ漫画は以下の通り。
ヤスダスズヒト『夜桜四重奏(16)』
久正人『エリア51(9)』
篠原ウミハル『図書館の主(9)』
大久保圭『アルテ(2)』
藤栄道彦『コンシェルジュ・プラチナム(10)』
桑田乃梨子『祝福の歌姫』
トミイ大塚『ホークウッド(6)』
大西巷一『乙女戦争(3)』
宮本福助『拝み屋横丁顛末記(25)』
浦沢直樹『MASTERキートン Re:マスター』
羽海野チカ『三月のライオン(10)』
川下寛次『当て屋の椿(10)』
星野リリィ『乙女妖怪ざくろ(1〜3)』

11月に読んだ漫画は全部で15冊。
とりあえずはほぼ通常通りの読書量になったのは重畳。
『コンシェルジュ・プラチナム』は最終巻。
いささか盛り上がりに欠ける印象が否めなかったのは残念。
但し,〈コンシェルジュ〉に更なる新作が用意されているのは楽しみ。
『MASTERキートン Re:マスター』は全1冊なのかな。
成長した百合子さんの魅力が格別でありました。
老いたとはいえキートン先生の格好よさも相変わらず素晴らしい。
『ホークウッド』と『乙女戦争』も歴史好きにはたまりません。
特に『ホークウッド』の先の読めなさが非常に楽しい。
『乙女戦争』は少女が常に過酷な運命に立たされるのが辛いです。
ヤン・イスクラはこのまま心強い仲間になって欲しいもの。
『アルテ』も期待通りに楽しい。
此方も中世西洋が舞台というので気は抜けませんけれども。
『三月のライオン』は三姉妹の父が登場して急展開。
個人的には将棋をやはり中心に据えて欲しいところであります。
因みに『乙女妖怪ざくろ』は積んでいた初期巻を発掘したので読み始めました。
大正時代と妖怪の組み合わせが非常に好みであります。
このまま最新巻まで追いついてしまいたいところです。
posted by 森山 樹 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106120733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック