2013年08月25日

月刊アフタヌーン2013年9月号感想

〈おおきく振りかぶって〉
 秋季県大会の組み合わせ抽選会。西浦高校の初戦の相手は強豪の千朶高校に決まりました。くじ運の悪さに落ち込む花井と喜ぶ田島の対比が面白い。そんな花井をフォローする栄口はやっぱりいいやつだなあ。目立たないけれどチームになくてはならない存在と言えます。一方で投球フォーム改造に精を出す三橋と阿部。何を置いても,エース三橋次第のチームではありますからね。県下有数の強豪校を相手に如何なる戦い方を見せるか楽しみです。

〈宝石の国〉
 内緒で海に向かったフォスフォライトを捜索する宝石の国の面々。シンシャの対応がツンデレぽくて可愛い。しかし,そのフォスフォライトは満身創痍の身に。身体の一部も失ってしまっています。幾ら宝石の民とは言ってもこれは流石に厳しい筈。この先どうなるのかなあ。全く先が読めないので楽しいです。

〈ヴィンランド・サガ〉
 クヌート王と直談判する為に引き返したトルフィン。そんな彼の前にふさがるのはクヌート王の親衛隊たち。彼らとの賭けによって100発の攻撃に耐えられたらクヌート王への直接嘆願を許されます。トルフィンの名を聞いて動揺するクヌート王の姿が印象的。戦士として目覚めたトルフィンの覚悟が問われようとしています。クヌート王の元に向かったオルマルと蛇を含めて奴隷篇はもう少し続きそうですね。或いはこれがクヌート王との決着に至るのかもしれません。

〈今日のユイコさん〉
 額のニキビに悩むユイコさんが可愛い。こっそりと化粧品を持ち出したユイコさんに諭すお姉さんの大人の女性ぶりが素敵です。そして何よりも前髪を上げたユイコさんがたまらなく眼福であります。扉絵の化粧をしたユイコさんも美人ですね。何と言うか,いいわあ。

〈こたつやみかん〉
 落語研究会の面々で海へ。何かこの手の正統派の学園イベントって珍しい気がするなあ。カラー扉絵の水着姿がいい感じ。やっぱり有川さんが一番いいわあ。つか,梢ちゃんはまだ梶浦くんを狙っているのか。こういうの悪くないですね。

〈天地明察〉
 改暦事業に本格的に取り組むことになった春海。彼に協力する為に集った山崎闇斎,安藤有益,島田貞継らが非常に心強い。まずは宣明歴の誤謬を明らかにするところから取り掛かります。夜空を見上げて幸せをかみしめる春海の姿が実にいいですね。その喜びを綴った手紙を受け取るおことも可愛い。この時間が続くことを祈ってやみませんが,そういうわけにもいかないのですよねえ。
posted by 森山 樹 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73324066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック