2013年09月01日

2013年8月漫画読書記録

2013年8月に読んだ漫画は以下の通り。
春河35『文豪ストレイドッグ(1〜2)』
車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(7)』
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(8)』
あだち充『MIX(3)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(35)』
杉山小弥花『明治失業忍法帖(1〜4)』
にしうら染『踊る! アントワネットさま(1)』
冨明仁『ストラヴァガンツァ(1)』
篠原ウミハル『図書館の主(6)』
皆川亮二『PEACEMAKER(11)』
杉山小弥花『花の名を知らない』
ながてゆか『蝶獣戯譚(1〜2)』
板倉梓『野村24時(1〜2)』
杉山小弥花『当世白波気質(1〜3)』
川下寛次『当て屋の椿(8)』
あさりよしとお『小惑星に挑む』

8月の読書は24冊。
改めて振り返ると結構読んだなあという一か月でありました。
何はともあれ,杉山小弥花さんの作品にはまっています。
特に『明治失業忍法帖』はかなり好み。
『当世白波気質』も大好きですね。
不器用な男女の不器用な関係がたまらなく切ない。
『明治失業忍法帖』の菊乃さんがあまりにも愛おしいのです。
短篇集の『花の名を知らない』も良かった。
今後とも追いかけて行く作家さんになりそうです。
『文豪ストレイドッグ』と『野村24時』も面白かったなあ。
『文豪ストレイドッグ』は文豪異能力戦闘漫画。
中島敦や太宰治,芥川龍之介らの超常能力を駆使した戦いが素敵。
与謝野晶子の異能力が〈君死給勿〉だものなあ。
『野村24時』と『踊る! アントワネットさま』はともに4コマ漫画。
板倉梓のほんわかした絵柄はいいなあ。
『踊る! アントワネットさま』はかなり濃厚なネタが多い歴史4コマ。
後世の歴史を知る者としては今後の大いなる悲劇を如何に描くのか注目です。
『小惑星に挑む』は小惑星探査機はやぶさを描いた作品。
如何にもあさりよしとおらしい科学知識が満載の漫画となっています。
しかし,何故こんな作品が楽園誌で連載されたのかさっぱり分かりません。

9月は新刊がやや控えめな印象があります。
楽しみなのは『夜桜四重奏』と『3月のライオン』かな。
特に『3月のライオン』の心震える描写がたまらないです。
いい加減に『ハチミツとクローバー』も読んでみるかなあ。
歴史漫画では『夢の雫,黄金の鳥籠』にも期待します。
『ホークウッド』や『イノサン』の新刊も楽しみですね。
後は現在進めている漫画蔵書の整理をもうちょっと頑張りたいかなあ。
漫画雑誌の感想も遅れがちなので常態化出来るように。
単行本感想もいい加減に再開したいものであります。
仕事は相変わらず多忙ではありますが何とか頑張ります。
posted by 森山 樹 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73808401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック