2013年09月23日

春河35『文豪ストレイドッグス(2)』

〈2013年漫画感想8冊目〉
春河35 文豪ストレイドッグス(2)


 文学史上に燦然と輝く文豪たちによる異能力戦闘アクション漫画。迂闊に歴史に名前を残すととんでもない扱いを受けるということが良く分かります。何しろ,中島敦はその能力「月下獣」によって虎に変身し,太宰治は他の能力を無効化する「人間失格」を駆使し,国木田独歩は「独歩吟客」により手帳に書いたものを具現化し,現段階では彼らに敵対する芥川龍之介は外套を全てを切り裂く黒獣と化す「羅生門」を操るのですから,只事ではありません。とは言え,この悪辣な設定が実に楽しい作品に仕上がっております。自分のお気に入りはあらゆる外傷を治癒する代わりに一度は瀕死の状態に追い込まないといけない「君死給勿」を使う与謝野晶子。或いは実際のところは異能力ではないにも関わらず常人離れした推理力「超推理」を駆使する江戸川乱歩でしょうか。芥川龍之介の配下である樋口一葉も好みなのだけれど現段階では能力は未知数。酷い目に遭っている印象しかありません。また,泉鏡花が可憐な少女というのもやや疑問。尤も,女装しているだけかもしれませんけれども。最新巻である2巻末では太宰治が芥川龍之介によって捕らわれたところまで。福沢諭吉率いる武装探偵社と芥川龍之介が所属するポートマフィアとの戦いは更に苛烈になるでしょう。未だに能力の発動がない宮沢賢治や福沢諭吉らも楽しみですし,今後如何なる文豪が参戦するのか期待したいところであります。「檸檬爆弾」を使う爆弾魔の梶井基次郎など扱いが酷い人物も含めて外連味に溢れすぎており,実に好みです。
タグ:春河35
posted by 森山 樹 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76369245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック