2013年09月25日

高尾じんぐ『くーねるまるた(2)』

〈2013年漫画感想9冊目〉
高尾じんぐ くーねるまるた(2)


 日本で暮らすポルトガル人留学生マルタの楽しい日常を描く漫画の第2巻。相変わらず,貧乏だけれども創意工夫して幸せな生活を送るマルタが可愛らしい。食いしん坊なので必然的に食べ物のお話が中心となるのですが実に美味しそうに食べるのですよね。その姿を見ているだけで頬が綻ぶものを感じてしまいます。由利絵さんに美緒子さん,それに今巻から登場の美術大学合格を目指す女医の神永さんとマルタの友人たちもいずれも魅力的。特に個人的に神永さんが非常に好みであります。古道具屋の国枝さんもまた再登場して欲しいですね。一話完結という構成を取っていますので根底を流れる物語はないのですけれど,マルタの何気ない一日を見ているだけで楽しくなれる稀有な作品であります。ちなみに今巻に登場する料理の中で一番気になったのはアジの干物の炊き込みご飯でした。簡単に作れそうなので今度挑戦してみたいもの。ドングリを埋め込んだイベリコ豚風豚肉ソテーやシーチキンおにぎりを活用したポルトガル風シーフードリゾットのアロス・デ・アトゥンにも心惹かれてしまいます。何はともあれ,実に自分好みののんびりした作品であります。児童文学にまつわる逸話が織り込まれるのも素敵。日本を愛するポルトガル人留学生の貧しくも幸せな日々をずっと見守って行きたいものであります。
タグ:高尾じんぐ
posted by 森山 樹 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76514661
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック