2013年10月01日

2013年9月漫画読書記録

2013年9月に読んだ漫画は以下の通り。
秋乃茉莉『Petshop of Horrors パサージュ編(1)』
板倉梓『あかつきの教室(1)』
木々津克久『名探偵マーニー(5)』
篠原千絵『夢の雫,黄金の鳥籠(4)』
久正人『ノブナガン(3)』
中道裕太『放課後さいころ倶楽部(1)』
くずしろ『姫のためなら死ねる(1)』
菅野マナミ『ひまわりさん(3)』
トミイ大塚『ホークウッド(4)』
麻生みこと『海月と私(1)』
羽海野チカ『三月のライオン(9)』
佐藤両々『あつあつふーふー(1)』
板倉梓『少女カフェ(1)』

9月の読書は13冊。
新刊の購入自体がやや少なめだったこともあり,あまり読んでいません。
まあ,8月がちょっと多過ぎたという感じがしないでもありませんが。
何はともあれ,『ノブナガン』の熱い展開がたまりません。
ストーンフォレスト作戦の名前の由来も結構好き。
アニメ化されるみたいだけど,この雰囲気を醸し出して欲しいなあ。
『三月のライオン』も相変わらず心にしみる描写が続きます。
特に宗谷名人と土橋九段の名人戦が素晴らしかったです。
土橋九段を評する藤本棋竜の最大級の賛辞が見事。
ひなたが零と同じ高校に入学したことで此方も新たな展開を迎えるのかな。
『Petshop of Horrors パサージュ編』は新シリーズ。
D伯爵の祖父のパリでの物語が描かれます。
最初のシリーズに繋がる要素があるのか楽しみです。
『海月と私』も素敵な雰囲気の作品。
麻生みことの作品はどれも自分好みであります。
独特の間が何と言うかいいのですよねえ。
まだ始まったばかりなので今後に期待します。

10月は楽しみな新刊がそれなりに揃っています。
先ずは『夜桜四重奏』と『ジゼル・アラン』,『ルドルフ・ターキー』。
『ひまわりさん』や『外つ神』も楽しみですね。
『ムジカ』は残念ながら最終巻。
やっぱり打ち切りということなのかなあ。
ピアノ調律師を描く『ピアノのムシ』も結構好みな作品であります。
連載を追い掛けていない『コンシェルジュ・プラチナム』も早く読みたい。
再開した単行本の感想も少しでも多く書けるように心がけます
周回遅れとなっている雑誌の感想も早めに追いついてしまいたいところです。
posted by 森山 樹 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77013277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック