2014年01月07日

2013年下半期回顧録

購入数は130冊で,読了数は84冊。
相変わらず消化率は60%強。
40%弱を積んでしまっていると思うと如何にも多い。
既刊を読んでいないが為に新刊を積む事例が多いです。
このあたりは意識的に解消していきたいもの。
或いは購入数を減らすというのもひとつの施策かもしれません。
いずれにしても消化率を80%程度には上げたいところであります。

下半期で新たに読み始めた漫画の中で特にお気に入りは以下の作品。
板倉梓『なぎとのどかの萌える不動産』『野村24時』
久織ちまき『聖闘士星矢セインティア翔』
春河35『文豪ストレイドッグ』
杉山小弥花『明治失業忍法帖』『当世白波気質』
荒川三喜夫『ピアノのムシ』

特に杉山小弥花と板倉梓は既刊にまで手を出す嵌り様。
杉山小弥花はかなり好みでありますね。
舞台となる時代背景が非常に趣味というのがたまりません。
また,登場する女性の気質が大変にお気に入り。
今後も注目していきたい作家であります。
『聖闘士星矢セインティア翔』は〈聖闘士星矢〉の番外篇的作品。
原作愛に溢れた細かな描写や設定が素敵。
一昔前の学園バトルものの色合いを感じるのも良いです。
『文豪ストレイドッグ』は文豪異能力アクション漫画。
外連味に満ちた頓知気な展開が楽しい。
『ピアノのムシ』は調律師を描くミステリィ風味の作品。
この種の作品が好きならば,たまらないことでありましょう。

下半期は24冊の感想を書くことが出来ました。
僅か4冊に終わった上半期に比べると格段の進歩であります。
今後も最低限これくらいの頻度で感想を書いていきたいもの。
出来れば,倍くらいは書きたいものでありますけれども。
雑誌の感想が遅れがちでありますが,これはもう少し早めたいと思っています。
posted by 森山 樹 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84791721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック