2014年01月11日

2013年の反省と2014年の抱負

 購入数は前年と全く同じ258冊。読了数は163冊。2013年からきちんと記録を取り始めたので正確なことは分かりませんが,ほぼ例年並みといってもいいのではないでしょうか。感想を書けたのは28冊ですから,此方は如何にも少ない。全部の感想を書くのは流石に無理にしても50冊程度は感想を書きたいところではあります,特に1巻や完結巻の感想は重点的に書いていきたいものであります。また,蔵書の整理は2013年もあまり進まず。保管場所に制限はあるので,なんとか進めていきたいものではあります。

 2013年は新たな漫画家の作品と出逢えた年でもありました。特に強い印象があるのが杉山小弥花と板倉梓のふたり。どちらも既刊本を可能な限り揃えるまでにはまってしまっています。こういう出逢いがあるから表紙買いは止められないのですよね。また,ハルタ誌と@バンチ誌によって見出された新人作家との出逢いが多かったのも特徴的。このあたりは今後も大いに期待したいものであります。愛してやまない久正人が世間から飛躍的に注目を浴びたのも2013年の特筆べき事項。まさか,『ノブナガン』がTVアニメ化されることになるとは思いませんでした。大好きな漫画家ですので,今後の更なる躍進を楽しみにしたいものであります。

 2014年も引き続き素敵な漫画と出逢える一年であって欲しいもの。その為の情報収集は抜かりなく行っていきます。アフタヌーン誌,ウルトラジャンプ誌,コミックフラッパー誌,@バンチ誌,ハルタ誌は今年も継続して購入することになりましょう。これ以上は現段階で増やす意思はありません。また,積んでしまっている漫画が多くなっていますので,このあたりの解消も心掛けていきたいものです。それに伴い可能な限りの感想も書いていこうと思っています。自分好みの漫画を数多く楽しめる一年であって欲しいものであります。それについては全く楽観視していますけれどね。

 追記。今年から新たな試みとして「2013年のベスト」的な記事を書こうと思います。此方も近日中に。序列をつけるのは好みではありませんので,印象に残った作品を並列的に取り上げる形になるでしょう。
posted by 森山 樹 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85098255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック