2014年01月16日

2013年のベスト

2013年に読んだ漫画の中で特に印象に残った作品を10冊選んでみました。
なお,序列は付ける気はありません。


春河35『文豪ストレイドッグ』
文豪異能戦闘漫画とでもいいのか,外連味に溢れた頓知気な作品。
いい意味での悪質な頭の悪さが非常に魅力的であります。
海外の文豪も登場しての続きが大変楽しみ。


久正人『エリア51』『ノブナガン』
どちらかに決め兼ねることが出来なかったので二冊とも選んでみました。
『エリア51』は最初の蛇との戦いで見せた王子の格好よさが最高に素晴らしい。
『ノブナガン』も熱い展開が続きますね。
久正人の漫画の雰囲気は何故こうも自分の心を捕えて離さないのか不思議です。


荒川三喜夫『ピアノのムシ』
ピアノ調律師の姿を描くミステリィ仕立ての連作短篇集。
最悪の人格だけど最高の腕前を持つ主人公が格好いいです。
彼の秘密は今後の焦点となっていくのでありましょうか。


都戸利津『嘘解きレトリック』
この人の作品も安心感と安定感があります。
昭和初期を舞台としたミステリィ作品。
此処までは短篇が中心ですが,そろそろ長篇も読んでみたいかな。


高尾じんぐ『くーねるまるた』
ポルトガルからの留学生マルタの東京での生活を描いた作品。
マルタの日常生活はそれだけで驚きと楽しさに溢れているのですよね。
毎度のことですが,実に美味しそうに食べるマルタの健康的な魅力が最高です。
嫁に来てほしい。


長蔵ヒロコ『ルドルフ・ターキー』
20世紀中盤のアメリカを舞台とした悪漢漫画。
ゴッドランド市の市長代理ルドルフの傍若無人な活躍が楽しいです。
モモコやエグマリヌ,ラパン姉さんら脇を固める人物も魅力的。
金に物を言わせた悪辣な戦いが非常に好みであります。


杉山小弥花『明治失業忍法帖』
明治時代を舞台とした元忍者と商家の娘の恋物語。
互いに素直になれないふたりの距離感が微笑ましく思います。
清十郎の鬱屈した心が解放されない限り結ばれるのは難しいのかな。
菊乃の率直な性格が好ましいです。


板倉梓『なぎとのどかの萌える不動産』
『野村24時』と迷ったけれど,此方のほうを選んでみます。
不動産屋さんを舞台としたほのぼの系人情劇。
なぎものどかもどちらも実に魅力的なのですよね。
板倉梓も2013年の収穫のひとりだなあ。


市川春子『宝石の国』
宝石の民が暮らす異世界を舞台としたファンタジィ作品。
その耽美な世界観はあまりにも美しく儚さを感じます。
この独特の雰囲気に魅了されてやみません。
鉱物好き,ファンタジィ好きにはたまらない作品でありましょう。


玉川重機『草子ブックガイド』
中学生の少女・草子が読む本の感想を中心とした物語。
草子の瑞々しい感性が織り成す素敵な本の案内となっています。
彼女のあまりにも痛々しい境遇はちょっと辛い。
本を通じた幾多の出逢いが彼女の救いとなっていくのが嬉しいです。
posted by 森山 樹 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85438397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック