2014年01月18日

緑川ゆき『夏目友人帳(17)』

〈2014年漫画感想1冊目〉
緑川ゆき『夏目友人帳(17)』


 本篇3話と特別編が収録された『夏目友人帳』の第17巻。遂に10年目を迎えた記念すべき巻でもあります。本篇は第六十八話と第録六十九話は「いつかくる日」と題された前後篇。第七十話は掌編「遊戯の宴」。特別編「歪みなき世界」は名取さんと的場さんの出逢いを描いた作品となっています。いずれもいつもどおりに静かで心に染み入る物語ばかり。特に人間と妖怪の恋を描いた「いつかくる日」の美しさは素晴らしい。人間である香と妖怪である葵のふたりの関係が微笑ましくも切ないです。敢えて共に行く道を選んだふたりが幸せであることを祈らずにはいられません。或いは別れのその時が来たとしても,このふたりならば悔いることなく笑いあえるのではないかなあと思います。ニャンコ先生と葵のやり取りも楽しかったです。いつかまた,葵と香には登場して欲しいものです。「遊戯の宴」は妖怪の遊びに夏目が巻き込まれるお話。犬の会の面々が登場すると和みます。何処か寂しげな遊蔓の感慨が心に残ります。「歪みなき世界」は名取さんと的場さんの共闘が素直に格好いい。名取さんからすれば道を違えたつもりでも的場さんからすれば同じ道を行く連れという思いがあるのではないかなあ。いずれにせよ,このふたりは夏目が今後の行く末を図る上での大きな指針となる人物でありましょう。個人的には的場さんも決して嫌いではないのですよね。妖怪を憎む彼の心情の痛々しさも理解できますので。此処まで続くとは思っていなかった作品です。どんどん終わり方が難しくなってくるような気もしますが,それはまあ読者の考えることではありますまい。今後も安定した面白さと切なさを楽しませてくれることを期待します。
タグ:緑川ゆき
posted by 森山 樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85580785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック