2014年01月26日

椎名高志『絶対可憐チルドレン(37)』

〈2014年漫画感想2冊目〉
椎名高志『絶対可憐チルドレン(37)』


 全篇が兵部京介の復活劇とそれに伴う黒い幽霊との戦いに費やされた『絶対可憐チルドレン』の第37巻です。収録されているのは「リターン・オブ・ファントム」の中盤あたりまでかな。薫たちの記憶から全てを消し去ったユーリの悲しい戦いと虚数空間から兵部京介を帰還させるべく作戦を開始する皆本たちの戦いが描かれます。宿敵であるB.A.B.E.LとP.A.N.D.R.Aが兵部救出という目的の為に協力する展開はやはり熱い。また,危険を承知の上で作戦行動に便宜を図る桐壷局長の男らしさも最高であります。道を分かった兄妹でありギリアムとユーリの直接対峙も燃えますね。そのユーリを援護する為にギリアムの精神支配から解放されたデュマ,アレクス,ベールは今後の活躍も期待できるのかな。そして,今巻でレアメタル京介が退場。本物の兵部に記憶を届けたかったと呟きながら消滅する姿が切ない。しかし,彼の記憶は必ず何らかの形で兵部の心を救うと信じたいところであります。また,アンディ・ヒノミヤの登場は現段階では端役ながらも嬉しい。ユウギリやソフィーらもいずれは登場することになるのかもしれません。そして今巻の最終場面で遂に満を持して兵部京介が復活しました。物語もいよいよ終盤に差し掛かっている筈。今回の黒い幽霊との戦いを持って終わるとは考えにくいのですけれども。いずれにせよ,予言された未来を変える為の戦いは終わりを迎えつつある気がします。これからの展開に期待せずにはいられません。
タグ:椎名高志
posted by 森山 樹 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86054779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック