2014年02月02日

久正人『ノブナガン(4)』

〈2014年漫画感想3冊目〉
久正人『ノブナガン(4)』


 ストーンフォレスト作戦の結末とその後の急展開が描かれる『ノブナガン』第4巻です。ストーンフォレスト作戦の大成功により進化侵略体を一度は撃破したしおたちDOGOOの面々ではありましたが,サンフランシスコを急襲した新たな進化侵略体によって遂に彼らの地上への上陸を許すことになってしまいます。何よりもその時点でサンフランシスコにいた浅尾さんが恐らくは犠牲者の中に名を連ねているというのがあまりにも辛い。その直前までしおとの嬉しい再会を果たしていただけに尚更であります。浅尾さんを失って絶望するしおは死を厭わず戦う狂戦士の如き姿となってしまっています。この絶望の淵から如何に抜け出すのかが次なる焦点と言えるでしょう。また,前巻の終わりに突如ナイチンゲールモードに移行した切り裂きジャックの真相が判明。種明かしをされれば至極当然ではあります。ふたりの偉人のE遺伝子を所有するというよりも余程に自然ですね。しかし,切り裂きジャックの正体をまさかあの人物に規定するというのは流石に意外でありましたが,それが違和感なく納まっているのが素晴らしいです。ストーンフォレスト作戦もしおとジャック,それにジェロニモを中心とした残りメンバーによる二手に分かれての最終攻撃が実に映えておりました。こういう外連味のある展開が素晴らしい。今後は如何なる方向へ物語が進んでいくのかまるで見当がつきません。サンフランシスコを占拠した進化侵略体は進化を続けて最早恐竜の如き姿を獲得しております。戦いは更なる苛烈さを増すことでありましょう。新たなE遺伝子ホルダーの登場も期待したいものであります。
タグ:久正人
posted by 森山 樹 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86557928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック