2014年03月09日

ハルタ第11号


〈ダンジョン飯〉
 新連載。RPG的ファンタジィ世界を舞台に迷宮内での食糧事情が描かれます。如何にも九井諒子らしいとぼけた雰囲気が実に魅力的。というか,大サソリと歩き茸の水炊きがとっても美味しそう。エルフの魔法使いマルシルがかわいいです。今後が楽しみだなあ。

〈乙嫁語り〉
 スミスさんの方に物語は移って第四の乙嫁アニスが登場。これまでの乙嫁たちとはまた違った魅力に溢れています。猫や野鳥と絡んでいるときの雰囲気が実に素敵。ただ,時折見せる寂しげな表情が気になります。アニスの物語は始まったばかり。どういう方向に進むのか楽しみです。

〈ストラヴァガンツァ〉
 ウンバに占領されたミテラを奪還する為の作戦開始。その巨大な拳槌でウンバを粉砕するオラヴィエが頼もしい。拳槌が可愛らしくないと嘆く姿は普通の女の子なんだけどね。巨人族だけど。習性を変えたウンバの目的も気になるところです。

〈ルドルフ・ターキー〉
 日本篇は続きます。漸くヴェオとペイルが合流して,ルドルフの仲間が勢揃いといった感じ。エグマリヌの悩みはなかなか深刻なものがありますけれども。或いは彼の覚醒に繋がるお話になるのかもしれません。浴衣姿のラパン姉さんが美しいです。甲羅組との接触が新たな火種を呼びそうな予感。そろそろルドルフの大暴れが期待できそうであります。

〈狼の口〉
 代官ヴォルフラムへの制裁は終わり,物語はスイス建国までを描くことが宣言されました。まだ暫くは読めるということで重畳であります。狼の口の解放により幸せに包まれる戦士たちの姿が印象的。完全なる自由を獲得する為の道はまだまだ続くことでありましょうけれども。

〈エニデヴィ〉
 南の島で休暇を楽しむエニエルとデヴィエラ。天使と悪魔でありながら,存外に仲がいいよね。デヴィエラのピアスを紛失したことを嘘でごまかして堕天しかかるエニエルが可愛い。ピアスを探すお話が此処まで規模が大きくなるのは楽しいです。

〈ジゼル・アラン〉
 コレットの誕生日のお祝いを密かに進めるジゼルたち。今回は女の子が総登場なので華やかです。相変わらず,世間ずれしていないジゼルがいいんだよね。そして,ジゼルも14歳の誕生日を迎えました。新たな日々が始まりそうであります。

〈少年の名は〉
 文房具店の店主ジェーンを巡るキースとアンディの諍いのお話。結果はまあ想定通りなんだけど,良くも悪くも絆を深めるふたりの姿が良いです。こういう友達は得難いものですからね。アンディの面倒くささに付き合うキースもいいやつだなあ。
posted by 森山 樹 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89736987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック