2014年04月04日

2014年3月漫画読書記録

2014年3月に読んだ漫画は以下の通り。
辻灯子『よゆう酌々(3)』
小田原みづえ『大正ロマンチカ(1〜2)』
雨隠ギド『甘々と稲妻(1〜2)』
わだぺん。『東京自転車少女(5)』
神崎裕也『ウロボロス(17)』
久正人『ジャバウォッキー(6〜7)』
村山慶『セントールの悩み(7)』
藤栄道彦『コンシェルジュ・プラチナム(8)』
皆川亮二『ADAMAS(10)』
獣木野生『PALM(36)TASK(I)』
こざき亜衣『あさひなぐ(11)』
中原裕『ラストイニング(42)』
桑田乃梨子『箱庭コスモス』
安永航一郎『県立地球防衛軍(4)』

2014年3月は17冊を読了。
忙しかった割にはそれなりに読書出来た一か月かな。
何と言っても,〈PALM〉最終章『TASK(I)』の刊行が大きい。
ジョゼ・ルージュメイアンのあまりにも痛ましい過去は衝撃的。
このあたりは相変わらず容赦がありません。
それぞれの生の帰結が如何に描かれるのかが楽しみです。
不穏な雰囲気を一掃するような希望に満ちた物語を期待します。
新たに読み始めたのは『大正ロマンチカ』と『甘々と稲妻』。
『大正ロマンチカ』は架空の大正時代を舞台にしたアンティーク恋愛劇。
世界観が非常に好みであります。
主人公がやや苦手感を覚えるのがちょっと残念かなあ。
『甘々と稲妻』は料理を媒介とした教師と女子高生の食卓ドラマ。
登場人物が実に表情豊かで可愛らしいです。
登場する料理のレシピも結構役立ちそうな気がします。
『箱庭コスモス』は1冊で完結の作品。
如何にも桑田乃梨子らしい物語でありました。
気軽に読めるのが嬉しいですね。
『あさひなぐ』は遂に旭が初勝利!
非常に心が震える展開となっております。
『コンシェルジュ・プラチナム』や『セントールの悩み』の安定感も素晴らしいです。

雑誌感想は遂に周回遅れとなってしまいました。
何とか今月中に更新の常態化を目指します。
単行本の感想も滞りがちなので頑張りたいもの。
4月の新刊は楽しみな作品が多いですね。
『文豪ストレイドッグス』や『海月と私』,『くーねるまるた』が控えています。
『なぎとのどかの萌える不動産』も漸くの第2巻刊行です。
実に久しぶりの『嵐ノ花 叢の歌』にも非常に期待しています。
『外つ神』が如何なる終幕を迎えるのかも楽しみ。
一冊でも多く読んで感想を書きたいものであります。
posted by 森山 樹 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92465523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック