2014年05月11日

高尾じんぐ『くーねるまるた(4)』

〈2014年漫画感想11冊目〉
高尾じんぐ『くーねるまるた(4)』


 ポルトガルからの留学生マルタの素敵な日常を描いた作品の第4巻。今巻も相変わらずマルタの美味しそうな食生活が中心となっています。お金はなくても丁寧に料理をするマルタの姿が実に愛おしい。日本人以上に季節感を大切にした彼女の生活は思わず見習いたくなってしまいます。提示される料理がどれもそれ程難しくなさそうなのも嬉しい。気軽に生活の中で試すことが出来そうです。中でも今巻で印象的だったのはナナクサ丼と巣ごもりポテト,するめラーメンあたり。特にナナクサ丼は薬味好きのシラス好きにはたまりません。七種類の薬味を用意するのは大変なので,数種類だけでも美味しく頂けそうです。巣こもりポテトはペルー料理で似たようなのを見かけたことがあります。単純だけど,それ故に美味しさは間違いないでしょう。するめラーメンはひと手間かけたインスタントラーメン。するめの出汁は確かに味噌ラーメンに合いそうです。どれも簡単なのでいずれ試してみたいと思います。マルタを取り巻く神永さんや美緒子さん,由利絵さんとの生活も実に楽しそう。特にお酒好きの神永さんはやはり大のお気に入りですね。初登場の文里さんも素敵な眼鏡女性なので今後の再登場にも期待をしたいもの。そして何よりもマルタのお姉さんの登場が楽しい。今巻は半端なところで終わっているので実際にマルタとの交流が描かれるのは次巻ということになりますけれども。表情豊かなマルタを見ているだけで楽しい作品です。美味しいものを食べた時の満面の笑顔が眩しい。いつまでもこの雰囲気を保って欲しいものであります。こんな生活が理想に思えてなりません。羨ましい。
タグ:高尾じんぐ
posted by 森山 樹 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96176132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック