2013年07月01日

2013年6月漫画読書記録

2013年6月に読んだ漫画は以下の通り。
村山慶『セントールの悩み(5)』
都戸利津『嘘解きレトリック(1)』
藤栄道彦『コンシェルジュ・プラチナム(6)』
カガノミハチ『アド・アストラ(4)』
坂本眞一『イノサン(1)』
滝沢聖峰『ばら物語(4)』
皆川亮二『ADAMAS(9)』
いけだたかし『34歳無職さん(3)』
柳原望『高杉さん家のおべんとう(7)』
ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ(6)』
中原裕『ラストイニング(38)』
宮尾岳『アオバ自転車店へようこそ!(4)』
ツガノガク『涼宮ハルヒの憂鬱(19)』

6月の読書は13冊。
購入数の割には意外に読んでいるなあという印象があります。
都戸利津の待望の新作『嘘解きレトリック』は面白かった。
やはりこの方の作品に外れはありません。
昭和初期を舞台にした探偵譚という舞台設定が王道で良いですねえ。
ミステリィとしては弱めですが,それもまたよし。
続刊を大いに楽しみにしたいと思います。
『テルマエ・ロマエ』はこの巻にて完結。
自分としては予想に反する終わり方でしたが,これも悪くないかな。
サツキが幸せになっただけでも十分に満足と言えるでしょう。
ハドリアヌス帝の存在感も実に素晴らしいものがありました。
今後発表される予定の番外篇を楽しみにします。
『イノサン』はフランス革命時の処刑人サンソンを主人公にした歴史物。
要するに非常に自分好みであります。
作者の圧倒的な画力も非常に素敵。
『ばら物語』や『アド・アストラ』も歴史に題材を採っていますね。
優れた歴史漫画が多いというのは自分にとって僥倖であります。
原作に追いつく寸前の『涼宮ハルヒの憂鬱』は次で完結なのかしら。
或いは漫画版独自の展開ということも考えられますけれどね。
昭和の自転車史を語り始めた『アオバ自転車店へようこそ!』も楽しいです。

7月はそれなりに新刊の購入が多そうな感じ。
特に『夏目友人帳』と『イエスタディをうたって』は楽しみ。
『あさひなぐ』の此処に来ての盛り上がりもかなり良いです。
『名探偵マーニー』や『軍靴のバルツァー』もいいですね。
新規刊行作品では市川春子『宝石の国』が一押し。
あの独特の雰囲気を愛してやみません。
市川春子は既刊分も読んでみようかなあ。
そして2013年上半期終了ということで本の整理もしたいもの。
感想書きも滞っているので頑張りたいと思います。
仕事は忙しいけれど,何とか時間を作りたいものです。
posted by 森山 樹 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2013年06月01日

2013年5月漫画読書記録

2013年5月に読んだ漫画は以下の通り。
麻生みこと『そこをなんとか(8)』
木々津克久『名探偵マーニー(3)』
久正人『エリア51(6)』
小箱とたん『スケッチブック(9)』
長蔵ヒロコ『ルドルフ・ターキー(1)』
魔夜峰央『パタリロ!(90)』
宮本福助『拝み屋横丁顛末記(19)』
ヤマシタトモコ『BUTTER!!!(6)』
桑田乃梨子『放課後よりみち委員会(3)』
河合克敏『とめはねっ!(11)』
高尾じんぐ『くーねるまるた(2)』

5月の読書は11冊。
それなりに読んだような,意外に読んでいないような微妙な量だなあ。
『ルドルフ・ターキー』は実にお気に入り。
ハルタ誌の連載も楽しみにしています。
ラパン姐さんとかモモコさんとか女性キャラが魅力的なんだよね。
きな臭い雰囲気が漂い始めたのも素敵。
今後の展開が楽しみでなりません。
久しぶりの『スケッチブック』は相変わらずのゆるい作風が安定。
やっぱりこの独特の間合いが好きなんだよなあ。
妙に昆虫ネタが多いのも大変に好み。
『BUTTER!!!』はこれが最終巻。
書き下ろしを含めて存分に楽しむことが出来ました。
ただ,やっぱりもうちょっと読みたかったなあという気分は否めず。
それくらいで終わるのがいいのかもしれませんけれども。
『エリア51』,『とめはねっ!』,『くーねるまるた』も安定して面白い。
特に大きく物語が動き始めた『エリア51』に注目。
いい味を出していたハデスの退場がいささか残念であります。
そしてソーマと僵屍,それに斉天大聖を交えたお話はやはり素晴らしい。
世界観を存分に生かした美しいラブストーリーであります。

6月は現段階では購入量は少なくなりそう。
『セントールの悩み』や『コンシェルジュ・プラチナム』あたりが楽しみ。
『ADAMAS』や『34歳無職さん』の新刊もありますね。
尤も,一番期待しているのは都戸利津の最新作品。
この人の作品に外れはないので早く読みたくてなりません。
『アステロイド・マイナーズ』も刊行されるみたいですね。
結局此方はCOMICリュウ誌での連載が再開されなかったのは残念。
少しは追加部分とかあったりしないのかなあ。
仕事は多忙ですが,少しでも多くの感想を書きたいところです。
なかなか文章を真面目に書く時間を確保できないんだけどね。
posted by 森山 樹 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2013年05月03日

2013年4月漫画読書記録

2013年4月に読んだ漫画は以下の通り。
森繁拓真『となりの関くん(4)』
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(7)』
ヤスダスズヒト『夜桜四重奏(13)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(34)』
ひぐちアサ『おおきく振りかぶって(21)』
かかし朝浩『ムジカ(1)』
斉藤岬『外つ神(8)』
歌麿『アマガミわっ!』

4月の読書は8冊。
仕事が忙しかったのと購入量が少なかったので読書も少なめ。
『夜桜四重奏』は実に良かったなあ。
戦う相手が次々に仲間となる展開は結構好みです。
鬼の兄妹が主軸として描かれるというのも楽しかった。
元老院との関係はより複雑化した気もするけどね。
最終的には手を取り合って欲しいものです。
警察署長の撫子さんの出番が多かったのも個人的には嬉しい。
『絶対可憐チルドレン』は陸軍超能部隊の過去篇が中心。
最後は悲劇で終わるエピソードですが,この雰囲気は大好き。
現在の兵部の複雑な人格を形成するに至る大切なお話でもあります。
本篇としても中盤を超えていよいよ終盤に向かうのでしょうね。
『ムジカ』は19世紀欧州を舞台とした音楽家青春漫画。
主人公シューマンと後の妻クララが中心に描かれます。
メンデルスゾーンも既に登場し,ブラームスもいずれは姿を見せることでしょう。
今後の展開が楽しみです。
『外つ神』は封印される前の本来の匡の人格が登場。
此方もいろいろと大きな転換期に差し掛かっています。
千景と凛音を交えての三角関係の行方も気になるところではあります。

5月は4月よりもだいぶん購入量が増えそうな感じ。
久しぶりの『スケッチブック』は楽しみ。
あのゆるゆるな雰囲気を愛してやみません。
『くーねるまるた』や『名探偵マーニー』の最新巻も大いに期待。
書き下ろしが予定されている『BUTTER!!!』の最終巻も早く読みたいなあ。
仕事にもう少し余裕が出来れば単行本の感想も綴っていきたいと思います。
何とか後半くらいからは行けないものかなあ。
いろいろと頑張ります。
posted by 森山 樹 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2013年04月03日

2013年3月漫画読書記録

2013年3月に読んだ漫画は以下の通り。
小山愛子『ちろり(3)』
ゆでたまご『キン肉マン(42)』
内水融『アグリッパ(4)』
木々津克久『名探偵マーニー(2)』
あずまきよひこ『よつばと!(12)』
紫堂恭子『聖なる花嫁の反乱(9)』
天空太一『フォトカノmemorial pictures(2)』
あだち充『MIX(2)』
平野耕太『ドリフターズ(3)』
巻来功士『ゴッドサイダーサーガ(4)』
ツガノガク『涼宮ハルヒの憂鬱(18)』
新谷かおる『クリスティ・ロンドンマッシブ(2)』
緋野孝雄『フォトカノLove Album(1)』
海産物『フォトカノHappy Album(1)』
こざき亜衣『あさひなぐ(8)』
中原裕『ラストイニング(37)』
ナイロン『フォトカノYour eyes only(2)』

2月の読書は17冊。
それなりに順調に漫画読書の方は進行中。
雑誌連載で読んでいる作品も単行本で再読すると新鮮です。
一応は感想を2本書けたのもい大きいかなあ。
今月こそは一週間に1本程度の感想を書きたいと思っています。
〈フォトカノ〉漫画版はどれもそれなりに面白くて良し。
一番好きなのはナイロンによる『フォトカノYour eyes only』だけどね。
単純に室戸先輩の可愛らしさが実に素晴らしいです。
この人の絵でののか篇とかも読んでみたい気がしますねえ。
『名探偵マーニー』の独特の雰囲気も非常に楽しい。
ミステリィ漫画としては今一番好きな作品です。
何とか感想も書いてみたいもの。
スポーツものでは『あさひなぐ』と『ラストイニング』が双璧。
特に『あさひなぐ』はやす子監督登場から加速度的に面白くなっています。
寿慶さんといい指導者層のいい性格がたまらなく好みです。
『ゴッドサイダーサーガ』は漸く〈ゴッドサイダー〉ぽくなってきたかなあという印象。
過去シリーズとは完全に直接の関係はなさそうなのが残念ですけれど。
『ドリフターズ』や『クリスティ・ロンドンマッシブ』も安定しています。

4月は漫画の購入数がそれ程多くはなさそう。
その分は積んでいる作品の読書を頑張りたいところです。
新刊では『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝』が楽しみ。
別冊チャンピオンに移籍してからは連載を殆ど読んでいませんからね。
今回は獅子座レグルスが主人公となる巻かなあ。
『夜桜四重奏』と『外つ神』にも期待。
連載を追っていない作品はそれだけで期待感が煽られてしまいます。
どちらも物語の転機を迎えている感があるしね。
かかし朝浩『ムジカ』はどうかなあ。
『暴れん坊少納言』級に面白くれば言うことはないのだけれど。
『図書館の主』の安定した面白さも特筆ものです。
とりあえずはまだ書いていない月刊アフタヌーンの感想を掲載すること。
後は1冊でも多くの単行本感想を手掛けることを目標にします。
posted by 森山 樹 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2013年03月02日

2013年2月漫画読書記録

2013年2月に読んだ漫画は以下の通り。
辻灯子『よゆう酌々(2)』
秋乃茉莉『新Petshop of Horrors(12)』
宮尾岳『アオバ自転車店へようこそ!(3)』
神崎裕也『ウロボロス(15)』
わだぺん。『東京自転車少女(3)』
村山慶『セントールの娘(4)』
丸山薫『事件記者トトコ!(1)』
皆川亮二『PEACE MAKER(10)』
那州雪絵『魔法使いの娘ニ非ズ(3)』
トミイ大塚『ホークウッド(3)』
玉川重機『草子ブックガイド(1)(2)』
柚木’N『フォトカノSweet Snap(2)』
冬目景『マホロミ(2)』

2月の読書は14冊。
順調と言えば順調に読めているのかな。
表紙買いした『草子ブックガイド』が実に自分好みで嬉しい。
こういう出逢いがあるから表紙買いは止められません。
勿論,外れを引くことも多いんだけどね。
『新Petshop of Horrors』は急展開。
これで完結とも思えないのだけどなあ。
劉武飛とレオン・オルコットの競演が嬉しい。
新シリーズ開始と読んでいるのですが,どうなのでしょうか。
『事件記者トトコ!』も表紙買い。
軽い作風のコメディですが,これはこれで楽しい。
新創刊されたハルタ誌で連載をするとのこと。
購読を少し考えています。
『魔法使いの娘ニ非ズ』も少しずつ物語が動くのを感じます。
『魔法使いの娘』初期の頃の明るい雰囲気が懐かしい。
現在の雰囲気もまた好みではあるのですけれども。
『マホロミ』もかなり気になるところで終わっています。
続きを読めるのが当分先になるというのは殺生過ぎます。
早期の連載再開を待ち遠しく思います。

3月は購入予定の作品が多くて嬉しい一か月。
年度末ということで仕事もそれなりに忙しいので効率よく読みたいもの。
特に楽しみな作品は『聖なる花嫁の反乱』かなあ。
そろそろ完結に向けて物語が動き始める筈。
連載を追い掛けていないので新鮮な気持ちで楽しめます。
『よつばと!』も久々の新刊になりますね。
キャンプに行く話が中心になるのかしら。
柏原麻実の『少女惑星』も期待の一冊。
『宙のまにまに』以来の新作ということになるのかしら。
楽園誌も好みの作家がかなり執筆しているのですよね。
購読に踏み切っても悪くないかもしれません。
とりあえず2月は0に終わった漫画の感想を少しずつ書きたいと思います。
週に一本くらいは書ければいいのですけれどね。
posted by 森山 樹 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2013年02月02日

2013年1月漫画読書記録

2013年1月に読んだ漫画は以下の通り。
緑川ゆき『夏目友人帳(15)』
魔夜峰央『パパ!? パタリロ!』
木々津克久『名探偵マーニー(1)』
桐木憲一『東京シャッターガール(1)(2)』
久正人『エリア51(5)』
久正人『ノブナガン(2)』
篠原千絵『夢の雫,黄金の鳥籠(1)〜(3)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(33)』
落合さより『ぎんぎつね(8)』
森薫『乙嫁語り(5)』
志水アキ『狂骨の夢(5)』
中原裕『ラストイニング(36)』
高尾じんぐ『くーねるまるた(1)』

1月の読書は16冊。
何かと慌ただしかった割にはそれなりに読めています。
『夏目友人帳』は相変わらず静かに心に染みるお話ばかり。
感想を書きたいところだけれど余力があるかどうか。
『くーねるまるた』はポルトガルからやってきた食いしんぼ娘のお話。
腹ペコ食いしんぼ娘好きにはたまりません。
彼女が作る料理が本当に美味しそうなのも素晴らしい。
今後も末永く楽しみたい作品です。
『夢の雫,黄金の鳥籠』はオスマン帝国の宮廷歴史漫画。
スレイマン一世の妃ヒュッレムが主人公に据えられます。
こういう趣味的なお話があるから少女漫画は見逃せないのよね。
世界史趣味者的にも大注目の作品です。
『エリア51』と『ノブナガン』は両方とも実に楽しい。
やっぱり久正人の世界観には心を刺激されます。
『東京シャッターガール』の写真を媒介とした叙情性も美しい。
独特の絵柄もかなり好みです。
双子の結婚式が描かれた『乙嫁語り』も良かったなあ。
相変わらずの緻密な筆致に思わず息を飲んでしまいます。
今後は再びアミルさんとカルルクが中心になるとのことなので期待s。

2月の新刊で楽しみなのは『魔法使いの娘ニ非ズ』かなあ。
那州雪絵の作品は大好きなんですよね。
連載を追い掛けていないので新鮮な気持ちで楽しめるのも嬉しい。
久々の『よつばと!』にも期待は大きい。
『セントールの悩み』も楽しみですね。
月刊COMICリュウの購読を止めても,この作品は読み続けて行きます。
委員長の出番が多いと嬉しいのだけどなあ。
『ホークウッド』や『マホロミ』も待ち遠しいところ。
単行本の感想も何とか書いていきたいと思っています。
1月ももう少し書くつもりだったのだけどなあ。
posted by 森山 樹 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2013年01月06日

2012年12月漫画読書記録

2012年12月に読んだ漫画は以下の通り。
ゆでたまご『キン肉マン(41)』
中村光『聖☆おにいさん(8)』
車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(6)』
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(6)』
むんこ『らいか・デイズ(15)』
中島三千恒『軍靴のバルツァー(4)』
羽海野チカ『3月のライオン(8)』
篠原ウミハル『図書館の主(4)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(32)』
藤栄道彦『コンシェルジュプラチナム(5)』
速水螺旋人『大砲とスタンプ(2)』
宮本福助『拝み屋横丁顛末記(18)』
川下寛次『当て屋の椿(7)』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2012年12月02日

2012年11月漫画読書記録

2012年11月に読んだ漫画は以下の通り。
・魔夜峰央『パタリロ!(89)』
・幸村誠『ヴィンランド・サガ(12)』
・ツガノガク『涼宮ハルヒの憂鬱(17)』
・わだぺん『℃りけい(1)』
・貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン(1〜13)』
・皆川亮二『ADAMAS(8)』
・こざき亜衣『あさひなぐ(7)』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2012年11月08日

2012年10月漫画読書記録

2012年10月に読んだ漫画は以下の通り。
むんこ『だってあいちてる』
安永航一郎『青空にとおく酒浸り(7)』
村山慶『セントールの悩み(3)』
神崎裕也『ウロボロス(14)』
あだち充『MIX(1)』
麻生みこと『そこをなんとか(7)』
志水アキ『百器徒然袋−山颪』
ひぐちアサ『おおきく振りかぶって(20)』
柳原望『高杉さん家のおべんとう(6)』
斎藤岬『外つ神(7)』
中原裕『ラストイニング(35)』
宮尾岳『アオバ自転車店へようこそ!(2)』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2012年10月02日

2012年9月漫画読書記録

暫くさぼっていましたが漫画読書記録を再開します。
相変わらず単行本の感想は全く書けていませんね。
何とか年内には以前のような状態に持ち直したいところではあります。
先ずは雑誌の感想を常態に戻さないとなあ。

2012年9月に読んだ漫画は以下の通り。
こざき亜衣『あさひなぐ(6)』
河合克敏『とめはねっ!(10)』
宮尾岳『アオバ自転車店へようこそ!(1)』
ゆでたまご『キン肉マン(40)』
和月伸宏『エンバーミング(7)』
久正人『エリア51(4)』
麻生みこと『路地恋花(4)』
久慈光久『狼の口ヴォルフスムント(4)』
小竹田貴弘『いかさま博覧亭(2)』
ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ(5)』
桑田乃梨子『放課後よりみち委員会(2)』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2012年06月03日

2012年5月漫画読書記録

結局,あまり漫画の感想を書けない日が続いています。
長文を書く集中力を欠いているといった感じですね。
仕事が若干忙しくて疲れが溜まっているのも大きな要因。
心穏やかに趣味に専念する日々を送りたいものです。
暫くはこんな日が続いてしまうのかなあ。

2012年5月に読んだ漫画は以下の通り。
ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ(1)〜(4)』
綾村切人『デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(5)(6)』
森薫『乙嫁語り(4)』
椎名高志『絶対可憐チルドレン(30)』
魔夜峰央『パタリロ!(88)』
こざき亜衣『あさひなぐ(5)』
浦沢直樹『MASTERキートン(11)』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2012年05月05日

2012年4月漫画読書記録

今月から漫画の読書記録もつけることにしました。
更新頻度が下がっているので,その水増しの意図もあります。
一番の目的は積読本を把握すること。
最近は買うだけ買って読んでない漫画が多いのですよね。
あまり好ましくない傾向を打破したいと思います。
感想を書きたい漫画も溜まっているのですけれどね。
どうにも長文を書く意欲に欠けている感があります。

2012年4月に読んだ漫画は以下の通り。
車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(5)』
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(4)』
久正人『エリア51(3)』
羽海野チカ『三月のライオン(1)〜(7)』
斎藤岬『外つ神(6)』
浦沢直樹『MASTERキートン(10)』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録