2011年05月29日

ツガノガク『涼宮ハルヒの憂鬱(13)』

〈2011年感想11冊目〉
涼宮ハルヒの憂鬱 (13) (角川コミックス・エース 115-15)
涼宮ハルヒの憂鬱(13)
  • 発売元: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 価格: ¥ 588
  • 発売日: 2011/02/26

 先頃,既に最新の第14巻が刊行された『涼宮ハルヒの憂鬱』の第13巻です。原作の方も数年ぶりに『涼宮ハルヒの驚愕』が刊行されました。と言っても,原作の方は全く読んだことがないのですけれど。本巻は原作では『涼宮ハルヒの憤慨』及び『涼宮ハルヒの陰謀』に収録されているようです。『涼宮ハルヒの驚愕』は購入したのでいずれ原作も読んでみるかもしれません。

続きを読む
タグ:ツガノガク
posted by 森山 樹 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年05月17日

いけだたかし『ささめきこと(8)』

〈2011年感想10冊目〉
ささめきこと 8 (MFコミックス アライブシリーズ)
ささめきこと(8)
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 2011/02/23

 密やかな女性同士の恋を描く学園漫画の第8巻です。純夏と汐の想いが繋がり合う中で訪れる転機が切ない。物語もいよいよ最終局面に到ったようです。次の第9巻が最終巻と言うことも充分にあり得そう。何とか幸せな結末を迎えて欲しいと思います。何が幸せかは議論の余地がありますが。
 表紙で靴を履きながら後ろを振り向く汐の姿が実に可愛い。表紙絵はどの巻も印象的です。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年05月11日

那州雪絵『魔法使いの娘ニ非ズ(1)』

〈2011年感想10冊目〉
魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス)
魔法使いの娘ニ非ズ(1)
  • 発売元: 新書館
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2011/02/25

 『魔法使いの娘』直系の続篇の第1巻です。前作終了後,義父の残した借金を返済すべく新米陰陽師として奮闘する初音の姿が描かれます。勿論,兵吾や小八汰,無畏,繰名ら前作の登場人物はそのまま姿を見せてくれるのが嬉しいところ。現段階では無山の登場はありませんが,何れは重要な役割を担うように思います。今後の展開が楽しみです。

続きを読む
タグ:那州雪絵
posted by 森山 樹 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年05月09日

手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(25)』

〈2011年感想9冊目〉
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(25)
  • 発売元: 秋田書店
  • 価格: ¥ 440
  • 発売日: 2011/05/06

 『聖闘士星矢』の時代よりも243年遡る前聖戦を舞台とした『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話』の最終巻です。連載開始当時は全く気にも留めなかった作品でしたが,まさかここまで嵌ってしまうとは思いもよりませんでした。原作の細かい設定を丹念に拾う作者の姿勢が実に素敵です。本当にお疲れさまでした。そして,素晴らしい作品をありがとうございます。

続きを読む
タグ:手代木史織
posted by 森山 樹 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想

2011年05月04日

和月伸宏『エンバーミング(5)』

〈2011年感想8冊目〉
エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 5 (ジャンプコミックス)
エンバーミング(5)
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 460
  • 発売日: 2011/05/02

 死と偽りの生に翻弄される人々の姿を描いた『エンバーミング』の最新刊。表紙の生気を失った瞳のヴァイオレットの姿が印象的です。物語としては相変わらず満足のいく作品なのですが,収録されている制作余話が不穏過ぎます。如何に衝突した相手とはいえ“敵”とまで断じてしまうのは流石に問題ではないでしょうか。少なくとも出版物の中に掲載すべきではなかったように思います。

続きを読む
タグ:和月伸宏
posted by 森山 樹 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年05月03日

緑川ゆき『夏目友人帳(11)』

〈2011年感想7冊目〉
夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)
夏目友人帳(11)
  • 発売元: 白泉社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2011/03/04

 TVアニメ第三期の放送が決定した『夏目友人帳』の最新刊です。アニメは評判いいみたいですね。アニメは殆ど観ないのですが,この独特の淡い雰囲気を如何に醸し出しているかは興味があります。機会があれば観てみようかなと思っているのですが,なかなか機会に恵まれません。深夜放送というのはやはり辛いものがあります。録画してまで観ようとは思わないですしね。

続きを読む
タグ:緑川ゆき
posted by 森山 樹 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年04月12日

手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(24)』

〈2011年感想6冊目〉
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(24)
  • 発売元: 秋田書店
  • 価格: ¥ 440
  • 発売日: 2011/04/08

 連載の方では遂に完結を迎えた手代木史織版『聖闘士星矢冥王神話』の第24巻です。完結となる第25巻は来月に刊行されるとのこと。そして,5月半ばからは新たに黄金聖闘士に焦点を当てた〈聖闘士星矢冥王神話〉の外伝の連載が開始されるようです。大好きな作品だけに今後も物語が紡がれるのが素直に嬉しい。新たな聖闘士叙事詩を楽しみにしています。

続きを読む
タグ:聖闘士星矢
posted by 森山 樹 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年03月08日

新谷かおる『クリスティ・ハイテンション(6)』

〈2011年感想5冊目〉
クリスティ・ハイテンション 6 (MFコミックス)
クリスティ・ハイテンション(6)
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 価格: ¥ 580
  • 発売日: 2011/02/23

 新谷かおる版〈シャーロック・ホームズ〉パスティーシュの第6巻目。コミックフラッパー誌を購入していなかった時期の作品の為,新鮮な気分で楽しむことが出来ました。雑誌連載を追う楽しみもありますが,単行本化されて初めて触れる楽しみもあるのですよね。ただ,本作に関して言えば,なるべくなら毎号追いかけていきたいと思っています。まとめて読んでの新たな発見も面白いです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年03月03日

椎名高志『絶対可憐チルドレン(25)』

〈2011年感想4冊目〉
絶対可憐チルドレン 25 (少年サンデーコミックス)
絶対可憐チルドレン(25)
  • 発売元: 小学館
  • 価格: ¥ 440
  • 発売日: 2011/02/18

 黒い幽霊との戦いがひとまず決着を見る『絶対可憐チルドレン』最新巻です。何はともあれ,表紙の男装パティが格好良すぎます。中学校での文化祭が舞台ということもあって澪やカズラ,カガリたちP.A.N.D.R.Aの子供たちの出番が多いのも嬉しいところ。敵役好きとしてはやはりP.A.N.D.R.A側に肩入れをしてしまいます。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年02月13日

菅野マナミ『ひまわりさん』

〈2011年感想3冊目〉
ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)
ひまわりさん
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 価格: ¥ 570
  • 発売日: 2011/01/22

 書店で表紙に一目惚れした作品。書店が舞台で眼鏡に黒髪のお姉さんが登場するとあっては期待するなというほうが無理なもの。その期待にそぐわぬ,大変に素敵な作品でした。緩い日常を描いた作品だけど,そこに安堵感を覚えます。こういう作品もいいよね。なお,1巻との表記はされておりませんが,コミックアライブ誌で連載中とのこと。続刊にも期待したいと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年02月11日

柳原望『高杉さん家のおべんとう(3)』

〈2011年感想2冊目〉
高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
高杉さん家のおべんとう(3)
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 発売日: 2011/01/22

 お弁当を媒介に家族の絆を描く物語の第3巻。徐々に久留里の境遇などが描かれ始め,物語が少しずつ動き始めている感があります。小坂さんや丸宮兄弟ら,ハルと久留里に関わる人々の背景も書き込まれているのが興味深い。そして,そのように物語が深化する中でも当初のお弁当という題材をきちんと盛り込んでくる姿勢に好感を持ちます。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2011年02月09日

手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(23)』

〈2011年感想1冊目〉
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(23)
  • 発売元: 秋田書店
  • 価格: ¥ 440
  • 発売日: 2011/02/08

 獅子座のイリアスとレグルスの表紙が印象的な手代木史織版〈聖闘士星矢冥王神話〉第23巻です。連載の方では物語が最終段階に入っています。聖戦の決着もそう遠いことではなさそう。今巻で収録された分も息をつかせぬ展開の連続がたまりません。神の力に挑む人間の姿が美しく愛おしい。大好きな人物たちの退場は寂しいですが,その旅路の帰結が心に響きます。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年12月20日

椎名高志『絶対可憐チルドレン(24)』

〈2010年感想60冊目〉
絶対可憐チルドレン 24 (少年サンデーコミックス)
絶対可憐チルドレン(24)
  • 発売元: 小学館
  • 価格: ¥ 440
  • 発売日: 2010/12/17

 表紙のフェザーの胸につい目が行ってしまう『絶対可憐チルドレン』第24巻です。相変わらず,安定した面白さが素晴らしい。但し,個人的にはB.A.B.E.L.のチルドレンたちが主役を務める物語はいまいち乗り切れません。やはりP.A.N.D.R.A.の方に魅力を感じてしまうのですよね。
 表紙は前述の通りフェザー。成長した薫ではありません。現在のところは,多分。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年12月19日

綾村切人『デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(3)』

〈2010年感想59冊目〉
.デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(3) (コミッククリア編集部)
.デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(3)
  • 発売元: エンターブレイン
  • 価格: ¥ 714
  • 発売日: 2010/12/15

 web連載中の悪魔召喚師探偵奇譚の第3巻。順調に巻を重ねています。今巻ではいよいよ秘密結社コドクノマレビトの首領が登場し,その目的も明らかにされます。原作とも言うべきゲームを想起させる展開も実に魅力的。物語も佳境に差し掛かった感がありますが,是非ともこのまま最後まで駆け抜けて欲しいものです。ゲームの漫画化としては理想的に思えます。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年12月11日

車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(3)』

〈2010年感想58冊目〉
聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(3)
  • 発売元: 秋田書店
  • 価格: ¥ 750
  • 発売日: 2010/12/08

 車田正美版〈聖闘士星矢冥王神話〉第3巻。終盤を迎えている手代木版とは異なり,此方はまだ序盤といった印象。週刊少年チャンピオン誌の連載では天闘志が登場し,天界篇開幕への序章を想わせる雰囲気となっています。これからどのように物語が進むのか大変に楽しみです。
 表紙は不死鳥座の一輝。紅蓮に輝く聖衣が格好いいです。フルカラーの恩恵と言えるでしょう。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年12月09日

手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(22)』

〈2010年感想57冊目〉
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話(22)
  • 発売元: 秋田書店
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2010/12/08

 手代木史織版〈聖闘士星矢冥王神話〉第22巻。アテナ軍とハーデス軍による聖戦も最終局面を迎えています。連載の方もかなり素敵な展開となっているのが嬉しい。神々の戦いの中で翻弄される人間の姿を最後まで楽しみにしたいと思います。
 表紙は神聖衣をまとったテンマ。その手に抱く傷付いたパンドラが痛ましいです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年12月06日

紫堂恭子『王子の優雅な生活(仮)(3)』

〈2010年感想56冊目〉
王子の優雅な生活(仮) 3 (ASAHIコミックス)
王子の優雅な生活(仮)(3)
  • 発売元: 朝日新聞出版
  • 価格: ¥ 609
  • 発売日: 2010/11/05

 web連載されていたファンタジィ漫画の第3巻。これで完結ということになります。結局,webでの連載は一度も読むことがありませんでした。無料配信されているのだから,読んでみても良かったのですけれど。まだまだ自分の生活の中に電子書籍が浸透していないことを実感します。いずれは電子書籍が主流になるのでしょうかね。あまり実感が湧かないのが正直なところです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年12月01日

あずまきよひこ『よつばと!(10)』

〈2010年感想55冊目〉
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと!(10)
  • 発売元: アスキー・メディアワークス
  • 価格: ¥ 630
  • 発売日: 2010/11/27

 よつばの楽しい日常を描いた漫画の第10巻。「毎日という宝箱を,今日もあける。」という帯書きが実に素敵。毎巻毎巻,帯に書かれた言葉が楽しみな漫画も多くありません。今回はカバーを外すと仕掛けがあるのも嬉しい。こういうささやかな趣向でも心が温かくなるものを感じます。今後も順調に巻を重ねて欲しいものです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年11月28日

皆川亮二『ADAMAS(5)』

〈2010年感想54冊目〉
ADAMAS(5) (イブニングKC)
ADAMAS(5)
  • 発売元: 講談社
  • レーベル: 講談社
  • 価格: ¥ 630
  • 発売日: 2010/11/19

 宝石使いたちの活躍を描く冒険活劇の第5巻。ずっと読み続けてはいるのですが,感想を書くのは第1巻以来となります。もう少し真面目に感想を綴っていきたいものです。流石に年間200冊弱の漫画の感想を書くのは難しいですけれど。
 表紙はジェネラル・ジン。彼のアレキサンドライト使いとしての力の一端が示される巻でもあります。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2010年11月21日

皆川亮二『PEACE MAKER(6)』

〈2010年感想53冊目〉
PEACE MAKER 6 (ヤングジャンプコミックス)
PEACE MAKER(6)
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 630
  • 発売日: 2010/11/19

 異世界西部劇漫画の第6巻。銃神コール・エマーソンに挑む為に最強のGUNMANを決めるG・O・Dが遂に開幕。表紙に佇む4人はそのG・O・Dの準決勝進出者となっています。物語も佳境に入り,盛り上がってきました。完全に主人公はホープからビートに移っている感もありますけれど。それはそれで悪くありません。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想