2012年11月13日

月刊COMICリュウ2012年12月号感想

 今号から連載の今井哲也『アリスと蔵六』が表紙のCOMICリュウ12月号です。今井哲也はアフタヌーン誌で連載していた『ぼくらのよあけ』は面白かったんだけどなあ。とりあえずは暫く読んでみることにしたいと思います。しかし,何よりも安永航太郎の『青空にとおく酒浸り』の突然の休載が本当に悲しくてなりません。商業誌で唯一読める連載だった上に創刊当時からの看板漫画だった筈なのに。twitterでの作者のツイート見ていると関係修復は絶望的な気がします。せめて,どこか他の雑誌に活路を見いだせればいいのですけれど。このままお蔵入りはあまりにも残念に思えてなりません。

続きを読む
タグ:COMICリュウ
posted by 森山 樹 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月28日

月刊ウルトラジャンプ2012年11月号感想

 表紙が「ジョジョリオン」の月刊ウルトラジャンプ11月号です。今年何回目の表紙なんだろう。また,特別付録として「ジョジョ展」開催記念としてマウスパッドが付いています。こちらのイラストは空条承太郎とイギーだけどね。個人的には〈ジョジョの奇妙な冒険〉は第一部と第二部が好きです。特に第二部のワムウVSシーザーからワムウVSジョセフの流れは最高に格好いい。未だに忘れ得ぬ戦いですね。第八部となる「ジョジョリオン」もそれくらい楽しませてくれると嬉しいのですけれど。なお,今号は「ぎんぎつね」が休載です。勿論「BASTARD!」は言うに及ばず。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月27日

月刊コミックフラッパー2012年11月号感想

 「ガールズ&パンツァー」が表紙のコミックフラッパー11月号です。最近アニメ化されたらしいのですが,原作も読んでいないので良く分かりません。連載が始まったのもこの間だった気がするのですけれどね。当初からアニメ化を念頭においた企画だったということでしょうか。今号から「モコと歪んだ殺人鬼ども」が新連載。異常犯罪ミステリということで暫く読んでみるつもり。また,目次にはある「クリスティ・ロンドンマッシブ」は掲載されておりません。原稿を落としちゃったんでしょうね。楽しみな連載のひとつなので残念です。次号は必ず掲載して欲しいなあ。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月25日

月刊アフタヌーン2012年11月号感想

 先月号のアフタヌーン感想です。何とか追い付いたと思ったら,早速今月号が発売されてしまいました。ただ,これで一応来月からは正常化出来るかなという印象。今年も残るところが2カ月とちょっと。少しでも多くの漫画感想を書けたらなあと思います。春先の低調さが大きく響きましたね。今号の表紙は『ヒストリエ』。歴史好きとしては毎回楽しみに読んでいます。休載が多いのは残念だけどね。ちなみに来月号も休載する予定とのこと。読む漫画が少なくなっているので,楽しみにしている漫画はあまり休載して欲しくないなあと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月21日

月刊@バンチ2012年11月号感想

 既に12月号が刊行されていますが,本記事は先月号にあたる11月号の感想です。表紙は現在TVアニメが放映されているらしい『BTOOOM!』。あまり好みの作風じゃないので読んでいない作品ですね。一応は@バンチ誌の看板となる作品ではあるのでしょうけれども。まあ,アニメ化される作品が増えて@バンチ誌に注目が集まるのはいいことだと思います。相変わらず立ち位置が不明瞭な雑誌ですですから。創刊号から買っているのに未だにいつ休刊になるのか不安で仕方ありません。

続きを読む
タグ:@バンチ
posted by 森山 樹 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月20日

月刊COMICリュウ2012年11月号感想

 COMICリュウの先月号の感想です。表紙は睦月ムンク『陰陽師 瀧夜叉姫』。単行本の第1巻が先頃刊行になりましたが現段階では購入していません。物語としては素直に好みではあるのですけれどね。いずれ購入に踏み切ってしまいそうではあります。なお,先日発売された最新号にて安永航太郎『青空にとおく酒浸り』の休載が発表されました。詳細は12月号の感想記事に譲りますが,安永航太郎の作品好きとしては悲しい限り。結果的に今号に掲載のお話が事実上の最終話となってしまうことになります。何処かで連載を継続して欲しいものではありますが,どうなることかなあ。

続きを読む
タグ:COMICリュウ
posted by 森山 樹 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月18日

月刊ウルトラジャンプ2012年10月号感想

 先月発売された月刊ウルトラジャンプ10月号の感想です。一応,現段階では最新号ということになります。明日には11月号が発売されますけれどね。表紙は『ジョジョリオン』。今年は〈ジョジョの奇妙な冒険〉の連載開始から25周年ということで折に触れて焦点が当てられている気がします。特別付録として小冊子もついていますしね。普段はあまり関心のないこの手の付録ですが,今回のは面白かった。特にジャンプとジャンプSQ連載作家によるイラストは見ごたえがありました。こういうのはいいですね。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月14日

月刊コミックフラッパー2012年10月号感想

 先月号の月刊コミックフラッパー感想です。一度は感想が追いついたのですが,他の雑誌の感想を書く間にまた追い抜かれてしまいました。来月号からは刊行後にそれ程間を置かず感想を書けるのではないかなと思っています。頑張ります。今号の表紙は最終回を迎えた『ダンス・イン・ザ・ヴァンパイア・バンド』。7年間に渡った連載でしたが結局一度も読まないままでしたね。読めばそれなりに面白いのだろうけれどなあ。なお,12月号から新たなる物語が始まるようです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年10月01日

月刊アフタヌーン2012年10月号感想

 先月号のアフタヌーン感想です。ようやくここまで追いついてきました。表紙は今号から三号連続掲載予定の鶴田謙二『冒険エレキテ島』。だいぶん前から予告があったのに此処まで掲載が延びるのが流石鶴田謙二だなあという印象。表紙のみくらの健康的な色気は相変わらず素敵だけどね。今号は他にも豊田徹也の読切『とんかつ』が掲載されているのも嬉しい。また,田中芳樹/垣野内成美『薬師寺涼子の怪奇事件簿』の新シリーズも始まっています。こっちはあんまり真面目に読んでいないけれどね。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月30日

月刊アフタヌーン2012年9月号感想

 先々月号の月刊アフタヌーン感想です。今月は雑誌感想ばかりを延々と描いていたような気がしますが,それでも最新号にまで追いつけていないのが何とも。来月中には追いついて,遅くとも再来月発売号からは常態に戻したいと思います。漫画単行本の感想も順次再開するつもり。どこまで書けるのかは分かりませんけれども。なお,今号の表紙は『おおきく振りかぶって』。次号から連載開始の鶴田謙二『冒険エレキテ島』と読切掲載の豊田徹也『とんかつ』に大きな期待をしてしまいます。特に豊田徹也の新作は本当に久しぶりですからねえ。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月27日

月刊@バンチ2012年10月号感想

 先月号の月刊@バンチ感想です。溜めると雑誌の感想を書くのが精神的に辛くなるのを感じます。何とか早いところ正常化したいもの。雑誌感想がある程度軌道に乗ってきたら,単行本の感想も順次掲載したいと思います。語りたいと思う漫画は多いのですけれどね。他の趣味との兼ね合いもあって,なかなか漫画だけに感けることが出来ないのも事実です。時間の使い方を再考しないとなあ。何はともあれ,今号の表紙は『南国トムソーヤ』。読んでいるような,読んでいないような。雰囲気としては割と好きです。単行本も積んでいる筈。最初から読み返したい作品です。

続きを読む
タグ:@バンチ
posted by 森山 樹 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月23日

月刊@バンチ2012年9月号感想

 先々月号の月刊@バンチ感想です。明日には11月号も発売になってしまうのですけれども。何とか来月の発売号までには雑誌感想を正常化したいもの。残るは@バンチ誌とアフタヌーン誌だけなので頑張りたいと思います。表紙は『GANGSTA』。と言っても,読んでいる漫画ではありません。世間的な評価もあまり聴きませんね。どうなんだろう。また,三国志を題材とした『王者の遊戯』が連載開始。主人公が郭嘉というのは面白いけれど,自分の好きな方向とは違う感じ。暫くは静観しようと思います。

続きを読む
タグ:@バンチ
posted by 森山 樹 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月12日

月刊COMICリュウ2012年10月号感想

 現時点では最新号となるCOMICリュウ10月号の感想です。来週には11月号が発売されてしまいますけれど,一応は追いついたということで一安心。油断していると直ぐに溜まってしまうのですよね。特にCOMICリュウとウルトラジャンプと@バンチは発売日がごく近いだけに。表紙は『モンスター娘のいる日常』。『セントールの娘』が好評を博した所為か,異種族もの萌え漫画が増えている気がします。この作品も悪くはないんだけど,個人的には『セントールの娘』の方が世界設定が確立していて好みです。無駄に色気のある場面が多いのもあざとさを感じて微妙な感じを覚えてしまいます。ちょっと残念かなあ。

続きを読む
タグ:COMICリュウ
posted by 森山 樹 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月11日

月刊COMICリュウ2012年9月号感想

 先々月号のCOMICリュウの感想です。雑誌の感想を怠ると厳しいなあ。残りはCOMICリュウの先月号に加えて,@バンチとアフタヌーンが二カ月分か。そうこうしている間にも今月号も順調に刊行されてきますしね。何とか来月号の刊行までには正常化したいと思います。なお,本号の表紙は「ぼくらのへんたい」。読んでいない作品です。最近,COMICリュウはこの手のフェティシズムに溢れる作品が増えて来ているような気がします。悪くはないんだけど,以前みたく歴史を材に取った作品も増やして欲しいなあ。そういえば,あさりよしとお『アステロイド・マイナーズ』はどうなったんでしょうね。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月08日

月刊ウルトラジャンプ2012年9月号感想

 先月号の月刊ウルトラジャンプ感想です。表紙は新連載の「ROBOTICS;NOTES」。暫く前に「STEINS;GATE」も始まっています。妙に5pb.制作に寄る科学ADVを推す姿勢が面白いです。あまり集英社との繋がりは思い浮かばないのだけどね。なお,自分はどちらの作品もまともに遊んでいないので漫画版も熱心に読むことは今のところなさそうです。はまった人の様子を見ているとすごく面白いらしいですが。今号は「ジョジョリオン」が休載。「BASTARD!」の休載はみんな承知しているからいちいち書かなくてもいいよね。どうせ掲載される号のほうが圧倒的に少ないんだから。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月06日

月刊ウルトラジャンプ2012年8月号感想

 先々月号の月刊ウルトラジャンプ感想。ここ数カ月の更新の停滞の皺寄せが来ています。しかし,この数カ月まともに更新していなかったのにアクセス数は然程減っていない不思議。もうちょっと真面目に更新しなければなりません。その為にも早いところ雑誌の感想記事を書きあげてしまおうと思います。なお,本号の表紙は「ジョジョリオン」。第6部と第7部は殆ど読んでいなかったのですが,〈ジョジョの奇妙な冒険〉はやはり面白いですね。第1部開始当時からの読者なので,思えば遠くに来たものだなあと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年09月02日

月刊コミックフラッパー2012年9月号感想

 「となりの関くん」が表紙の月刊コミックフラッパー9月号です。とりあえず,月刊コミックフラッパーについては追いついたのかな。残る雑誌も適宜感想を掲載していきます。しかし,「となりの関くん」は地味に人気が出てきましたね。単行本も累計で80万部を突破した模様。未だにネタがきちんと続いているというのが素晴らしい。今や,コミックフラッパーの看板のひとつと言っても過言ではないのでしょう。今後もこの水準を維持して欲しいと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年08月26日

月刊コミックフラッパー2012年8月号感想

 7月に発売された月刊コミックフラッパー8月号の感想です。何とはなしに更新意欲が湧かずに放置したままとなっていました。漸く多少なりと意欲が回復してきたので,きちんとしたブログ更新を心がけようと思います。先ずは溜まっている雑誌の感想から。それだけでも暫くかかりそうな気はしますけれども。ブログの在り方自体も見直さないといけないかもしれません。ブログそのものを止める気は毛頭ありませんけれども。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年07月07日

月刊アフタヌーン2012年8月号感想

 先月に引き続き感想を書くのが遅くなってしまったアフタヌーン感想。なるべくならば,購入後数日中には書いてしまいたいところです。今回の表紙は「プーねこ」。連載100回記念らしいけれど,そんなに長く続いていたのか。全然読んでいない漫画なので印象は薄いです。今号は「天の血脈」以外はきちんと掲載されているのが嬉しい。これが常態化して欲しいものですね。なお,good!アフタヌーン誌の広告に描かれていた「ビブリオ古書堂の事件手帖」に興味津津。原作は読んでいるんだけど,漫画版も面白いのかなあ。独自のお話を描くのであれば,読んでみたいところなんだけど。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2012年07月01日

月刊コミック@バンチ2012年8月号感想

 今更ながらの月刊コミック@バンチ8月号の感想です。ちょっと体調が悪くて,感想を書くのが遅れてしまいました。湿気が多いとどうも体調を崩してしまいます。早く秋にならないものですかね。それはともかく,表紙はアニメ化が決まったらしい『BTOOOM!』。まあ,あんまり真面目に読んではいないのですけれども。とは言え,連載作品がアニメ化することで@バンチ誌自体に注目が集まればいいなあとは思います。来月号からは三国志を題材とした作品が始まる模様。最早,手垢の付き過ぎた題材ではありますが,主人公が郭嘉というのがちょっと面白い。一応は目を通すことになりそうです。

続きを読む
タグ:@バンチ
posted by 森山 樹 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想