2014年07月13日

手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(10)』

〈2014年漫画感想16冊目〉
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(10)』


 射手座の黄金聖闘士シジフォスの物語が語られる『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝』の第10巻。本篇にも登場した闇に堕ちた冥闘士としてのシジフォスとの戦いが中心になります。若き日のハスガードやアスプロス,先代魚座の黄金聖闘士ルゴニスの客演も嬉しい。黄金聖闘士同士の関わりあいはあまり本篇では描かれることが多くなかったので,外伝の密やかな楽しみのひとつでもあります。また,シジフォスの実兄である獅子座の黄金聖闘士イリアスが壁となって立ちはだかるのも興味深い。結局のところ,シジフォスにとって戦うべき相手は己であり,その己を導く兄こそが乗り越えるべき相手であったということなのでしょう。この点において外敵と戦うことが中心であったこれまでの外伝とは一線を画す内容となっています。ギリシア神話好きとしてはデルフォイの巫女アルケスの登場も楽しかった。シジフォスが己の進む道を発見する物語であると同時に獅子座の黄金聖闘士レグルスの誕生秘話としての読み方も出来る物語であります。しかし,イリアスの圧倒的な強さは凄まじい。此処までの強さを発揮した聖闘士というのは様々な媒体でも初めてなのではないでしょうか。彼がいれば,聖戦の行方も大きく変わったことでありましょう。本篇でも強烈な印象を残したイリアスの物語が描かれたことに感謝します。残すは双子座と牡羊座の2篇ということになるのかな。個人的にはパンドラやラダマンティス,アイアコスら冥王側を主人公とした外伝も読みたいところです。特にアイアコスの真の名が水鏡という,本篇では遂に語られなかった伏線が明らかにされることを願ってやみません。
タグ:手代木史織
posted by 森山 樹 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2014年07月11日

購入録(2014.07.11)

中道裕大 放課後さいころ倶楽部(3) 小学館 ¥637
村山慶 セントールの悩み(8) 徳間書店 ¥670

どちらも大好きな作品。
『放課後さいころ倶楽部』はゲームデザインに挑戦というのが懐かしい。
ゲームで遊んでいると自分でも作りたくなる気持ちはよく分かります。
『セントールの悩み』は順調に巻を重ねて第8巻。
表紙は姫の水着姿というのが一応夏らしいのかしら。
委員長が中心のお話も用意されているみたいで期待しています。
しかし,この世界観はやっぱり大好きだなあ。

〈2014年漫画購入覚書〉 計130冊
posted by 森山 樹 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年07月10日

購入録(2014.07.10)

ヤマザキマリ プリニウス(1) 新潮社 ¥713

『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリの新作。
古代ローマの博物学者プリニウスが主人公というのが嬉しい。
彼の『博物誌』からは大きな影響を受けています。
架空の怪物好きには避けて通れない名前ですね。
ヤマザキマリのローマものなら安心して読める筈。
如何なる物語が織られるのか楽しみであります。

〈2014年漫画購入覚書〉 計128冊
posted by 森山 樹 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年8月漫画購入予定

08.05 森田崇 怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(3) 小学館
08.08 木々津克久 名探偵マーニー(10) 秋田書店
08.09 神崎裕也 ウロボロス(18) 新潮社
08.11 長蔵ヒロコ ルドルフ・ターキー(3) エンターブレイン
08.12 アキチ ストレッチ(2) 小学館
08.16 青池保子 修道士ファルコ(4) 秋田書店
08.16 埜納タオ 夜明けの図書館(3) 双葉社
08.16 上村五十鈴 星の案内人(2) 芳文社
08.20 カガノミハチ アド・アストラ(6) 集英社
08.20 皆川亮二 PEACE MAKER(13) 集英社
08.22 市川春子 宝石の国(3) 講談社
08.22 ヤマシタトモコ 運命の女の子 講談社

多くはないかなあ。
楽しみな作品も意外に少ない感じ。
『ストレッチ』は割と期待していますけれどね。
あんまり暗い方向に話が進まないといいのだけど。
『運命の女の子』はヤマシタトモコの短篇集なのかしら。
アフタヌーン誌に掲載の作品をまとめたものかもしれません。
『ウロボロス』や『ルドルフ・ターキー』は連載で追いかけているからなあ。
『宝石の国』や『PEACE MAKER』も同じ。
財政的に厳しいので,これくらいの購入量がいいのかもしれないけれど。
いい加減に本の整理も進めないといけません。
感想もあまりかけていないしなあ。
posted by 森山 樹 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年07月06日

車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(9)』

〈2014年漫画感想15冊目〉
車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(9)』


 鳳凰座の一輝が表紙の『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話』の第9巻。いつの間にか,10巻を目前としているのに物語が全く進んでいるように思えないのは何故でしょうか。特にここ数巻の停滞感は異常。短期集中連載の体裁を取っているので尚更そう感じるのかもしれませんが,もう少し展開を早めて欲しいものであります。天闘士の斗馬が果たす役割も未だに謎のままだし,何よりも本来の主役で或る筈の星矢が本篇ではまるで活躍していないというのも斬新過ぎます。蛇遣い座の黄金聖闘士も早く姿を見せて欲しいもの。今巻は蟹座の黄金聖闘士デストールと冥王軍三巨頭のひとり天貴星グリフォンのフェルメールの戦いが中心となります。そこに鳳凰座の一輝が絡んでいくという図式。相変わらず,鳳凰幻魔拳の圧倒的な威力は健在。フェルメールの必殺技コズミック・マリオネーションを現代における戦いで既に目の当たりにしていたというのも一輝の優勢に繋がりました。一方のデストールは完全に喜劇役となってしまっているのが辛い。個人的には此処までネタ的な造形は必要なかったのではないかと思います。女性口調だけど男気のある黄金聖闘士というだけで個性は十分に立っていたのですけれどね。このあたりの過剰な演出は好むところではありません。醒めてしまうのですよね。〈聖闘士星矢〉は熱い展開だけで十分なのであります。今後は獅子座の黄金聖闘士カイザーと一輝の対峙ということになるのかな。女神アテナに対して反旗を翻すことを宣言した天秤座の黄金聖闘士童虎の動向も気になります。問題は次の掲載がいつになるかですね。なるべく早期の連載再開を願っています。
タグ:車田正美
posted by 森山 樹 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2014年07月05日

購入録(2014.07.04)

士貴智志 ペルソナ×探偵NAOTO(1) メディアワークス ¥616
士貴智志 ペルソナ×探偵NAOTO(2) メディアワークス ¥616
ゆでたまご キン肉マン(47) 集英社 ¥432
草川為 八潮と三雲(7) 白泉社 ¥463
天乃忍 ラストゲーム(6) 白泉社 ¥463

『ペルソナ×探偵NAOTO』は『ペルソナ4』の番外篇的作品。
とは言え,公式設定というのが興味深いところであります。
成長して女性っぽくなった直斗が実に可愛い。
久慈川りせらが登場するのも嬉しいね。
今後に期待します。
『キン肉マン』は完璧超人始祖と悪魔六騎士の戦いが激化。
まさかジャンクマンが金星を挙げるとは思っていませんでした。
流石にスニゲーターは完敗だったけれどね。
今後に控えるザ・ニンジャやアシュラマンの戦いに注目です。
奇天烈な理屈が最高に楽しいですね。

〈2014年漫画購入覚書〉 計127冊


posted by 森山 樹 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年07月04日

2014年6月漫画読書記録

2014年6月に読んだ漫画は以下の通り。
小箱とたん『スケッチブック(10)』
宮尾岳『アオバ自転車店へようこそ!(7〜8)』
光永康則『南Q阿伝(5)』
むんこ『らいか・デイズ(17)』
あだち充『MIX(5)』
木々津克久『名探偵マーニー(9)』
久正人『エリア51(8)』
紫堂恭子『聖なる花嫁の反乱(10)』
車田正美『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話(9)』
手代木史織『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(10)』
久織ちまき『聖闘士星矢セインティア翔(2)』
藤栄道彦『コンシェルジュ・プラチナム(9)』
中原裕『ラストイニング(44)』

2014年6月は14冊を読了。
いつもどおりの分量といったところでありましょうか。
新たに読み始めた作品はなし。
『聖なる花嫁の反乱』と『ラストイニング』が完結巻であります。
『聖なる花嫁の反乱』はそれなりに綺麗にまとまった感じ。
序盤からはまるで想像も出来ない結末となりました。
ヴァンが担った役割の大きさはかなり予想外でよかった。
個人的には己の意思を貫いた緋の貴婦人の末路がお気に入りです。
妄執を省みることなく,その路を行くというのも或る種の美学でありましょう。
『ラストイニング』は遂に甲子園での優勝は成らず。
そこは御都合主義的でも良かったのではないかなあと思うけれど。
最後の打者が八潮というのは如何にも象徴的。
鳩ケ谷と師匠の再会も熱いものがありました。
今まで読んだ野球漫画の中でも一番好きな作品かもしれません。
〈聖闘士星矢〉の3作品が一挙に刊行されたのも嬉しい。
特に『聖闘士星矢セインティア翔』が存外に好みであります。
一角獣座の邪武が登場してきたことには驚きましたけれど。
翔子を導くマユラはやはり孔雀座の聖闘士なのでしょうか。
或いは乙女座シャカの弟子であることも十分に考えられます。
復讐の女神エリスとの戦いが如何なる展開を見せるのか楽しみであります。
『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話』も結構面白い。
但し,十三番目の黄金聖闘士である蛇遣い座を引っ張りすぎな気もします。
早く登場させて物語を進めて欲しいものです。
現代における蛇遣い座の白銀聖闘士シャイナとの関係も気になります。
基本的にどの作品も熱いのがたまりません。
posted by 森山 樹 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録

2014年07月03日

購入録(2014.07.02)

宮本福助 拝み屋横丁顛末記(21) 一迅社 ¥596
伊咲ウタ 現代魔女図鑑(1) 一迅社 ¥619

『拝み屋横丁顛末記』は購入予定から漏れていました。
定期的な店頭での確認がやはり欠かせません。
内容はまあ相変わらずと言えば相変わらず。
順調に脇役が増えているのが素敵であります。
きちんと個性が立っていますしね。
『現代魔女図鑑』は表紙買い。
現代に生きる魔女を題材とした短篇集という扱いなのかな。
割と好みの主題なので期待したいと思います。

〈2014年漫画購入覚書〉 計122冊

posted by 森山 樹 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月30日

購入録(2014.06.30)

清瀬赤目 アンネッタの散歩道(1) 芳文社 ¥885
中原裕 ラストイニング(44) 小学館 ¥596
宮尾岳 アオバ自転車店へようこそ!(8) 少年画報社 ¥617

『アンネッタの散歩道』は表紙買い。
ケルト神話を題材というのが嬉しいです。
まだ全く読んでいないけれどね。
『ラストイニング』は遂に最終巻。
彩珠学院野球部の戦いは終幕となりました。
此処まで存分に楽しませてくれたことに感謝。
野球漫画としては一番好きな作品かもしれません。
『アオバ自転車店へようこそ!』は相変わらず。
この安定感が素敵であります。

〈2014年漫画購入覚書〉 計120冊

posted by 森山 樹 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月29日

大久保圭『アルテ(1)』

〈2014年漫画感想14冊目〉
大久保圭『アルテ(1)』


 16世紀フィレンツェを舞台とした作品です。主人公は貴族の娘ながら,画家工房への弟子入りを志す15歳の少女アルテ。女性の地位が高くなかった時代に,自分の夢の為にあえて困難な道を行くことを選んだ少女の姿が描かれます。意外に芯の強さを見せるアルテの姿が魅力的。世間知らずな部分は少なからずありますが,それでもなお自分の信じる道を行こうとする強さが素敵です。そのアルテを弟子として迎え入れた工房の主レオも非常に心惹かれる人物。そのレオの顧客である高級娼婦のヴェロニカを含めて,アルテを囲む人物が印象的であります。アルテと対立し,結果的にはほぼ絶縁状態となってしまったアルテの母の想いも痛いほど分かるのですよね。いつか,ふたりが和解することを望んでやみません。物語はアルテの画家修業が中心となりますが,後半からはレオへの淡い恋が主題となりつつあるのがちょっと気がかり。物語の展開も早いので,やや拙速さを感じてしまいます。個人的にはレオへの恋を意識するのはもうちょっと後でも良かったのではないかなあという印象。それよりも16世紀の画家見習いの生活を描いて欲しいものであります。今巻の末にヴェロニカに連れられたアルテは華やかなフィレンツェの暗部に直面することになります。この経験が如何に彼女に影響を及ぼすのが気になるところ。人生の先輩としてアルテを導くことになるのであろうヴェロニカの真意も楽しみ。今後,如何なる運命がアルテの先に待ち構えているのか期待したいと思います。世界史趣味者としては歴史上の人物や出来事も物語に絡めて欲しいものでありますね。
タグ:大久保圭
posted by 森山 樹 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想